塩田武士さん<5>100冊の取材ノートは「小説のネタ」に

公開日:

 2012年2月末に神戸新聞社を辞め、小説家一本になった。

「会社を辞める前、広告制作会社出身の石田衣良さんに会う機会があったので、『辞められたときに、どんな気持ちですか』と聞いたことがありました。『空が青かったね』と言われたんですよ。具体的なアドバイスを求めていたんですが……。で、実際に辞めた日は、文化生活部のみんなが『お疲れさま』って拍手してくれたんですが、部屋を出て振り返ったら、もう全員が仕事に戻ってました。『どれだけ人望ないのか』とがっくりきましたが、外に出たら、確かに空が青かったです」

 新聞記者時代に使った取材ノートと手帳は、合わせて100冊ほど。いまでも大切に保管している。

「ノートには取材タイトルと日付も記載しています。作家になった時に“この取材は面白かった”と読み返すためで、ノートを辞書みたいに使いたいと思ったんです。実際に読んでみると字が汚すぎて読めなくて、無駄な努力でしたが、いまでも3、4割は読めるので、あとは想像して楽しむようにしています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  3. 3

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  4. 4

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  5. 5

    たけし軍団で活躍 宮崎に移住した大森うたえもんさんは今

  6. 6

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  7. 7

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  8. 8

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  9. 9

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  10. 10

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

もっと見る