【水ナスのぬか漬けと桜エビの煮物】「もったいない」から生まれた斬新な一品

公開日:

 木下さんの出身地、和歌山は、大阪・泉州に近い。そこの名物、水ナスのぬか漬けは大好物のひとつだ。とはいえ、通販などで買うと、たいてい余ってしまう。

「家内が捨てていいかって聞くんですよ。ダメダメと言って、考案したのがこの料理です。もともと発酵食品ですから、野菜がおいしくなっている。それを使わない手はありません」

 木下さんは大変な料理人なのに、家でも気軽に包丁を握る。中3、高1の子どもがいるが、ずっと木下さんが弁当を作っている。

 もちろん、愛情だろうが、そのほかに「素材を捨てるのはもったいない」という気持ちがある。

 桜エビも重宝な素材だ。どんな家庭にも使い残しが引き出しの奥にある。それを、さっと組み合わせて作ってしまう。そうすると、魔法のような味になる。

「水ナスは大きく切ってください。歯ごたえがおいしいんですよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  2. 2

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  3. 3

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  4. 4

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  5. 5

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  6. 6

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    お手本は韓国…政府推進「キャッシュレス社会」の恐ろしさ

  9. 9

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  10. 10

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

もっと見る