「松竹」vs「東北新社」映画製作、配給の老舗企業対決

公開日: 更新日:

 渥美清さん主演の映画「男はつらいよ」の22年ぶりの新作製作が発表されました。柴又帝釈天横の「寅さん記念館」もリニューアルされ、来年の公開50周年を祝うプロジェクトは着々と進行中です。今回の損得はその「松竹」と、「千と千尋の神隠し」(共同製作)などで知られる「東北新社」を比較してみます。

 松竹は、1895(明治28)年創業。築地に本社を置き、映画、演劇の製作、配給を手がけ、歌舞伎の興行も行っています。代表作には寅さんのほか、「釣りバカ日誌」などがあります。

 対する東北新社は、秋田出身の植村伴次郎によって1961年設立。赤坂に本社を置く映画製作、配給、海外テレビ映画の輸入配給、CM制作などを行っています。主な作品には「陰陽師」があります。

 前期の連結売上高は、松竹が929億円、東北新社が638億円。両社とも減収となった点は気になります。経常利益は58億円と33億円でした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  2. 2

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  3. 3

    前嶋和弘氏 トランプ岩盤支持…差別問題のダメージ少ない

  4. 4

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  5. 5

    韓国俳優と熱愛報道 綾瀬はるかが亡父に誓った結婚の執念

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    巨人エース菅野をむしばむ「最低8回は投げろ」の過酷指令

  8. 7

    老舗経済誌が安倍首相批判を特集した理由 編集長に聞いた

  9. 8

    小規模地震多発は不気味な予兆…「大地震の相場」の復習を

  10. 9

    阪神早くも後任監督探しか…福留孝介氏と赤星憲広氏が浮上

  11. 10

    巨人“正捕手問題”解決せず…「打てる捕手」の日は1勝3敗

もっと見る