• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「松竹」vs「東北新社」映画製作、配給の老舗企業対決

 渥美清さん主演の映画「男はつらいよ」の22年ぶりの新作製作が発表されました。柴又帝釈天横の「寅さん記念館」もリニューアルされ、来年の公開50周年を祝うプロジェクトは着々と進行中です。今回の損得はその「松竹」と、「千と千尋の神隠し」(共同製作)などで知られる「東北新社」を比較してみます。

 松竹は、1895(明治28)年創業。築地に本社を置き、映画、演劇の製作、配給を手がけ、歌舞伎の興行も行っています。代表作には寅さんのほか、「釣りバカ日誌」などがあります。

 対する東北新社は、秋田出身の植村伴次郎によって1961年設立。赤坂に本社を置く映画製作、配給、海外テレビ映画の輸入配給、CM制作などを行っています。主な作品には「陰陽師」があります。

 前期の連結売上高は、松竹が929億円、東北新社が638億円。両社とも減収となった点は気になります。経常利益は58億円と33億円でした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  3. 3

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  4. 4

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  5. 5

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  6. 6

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  7. 7

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  8. 8

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  9. 9

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  10. 10

    「安倍3選」を市場は無視…日経平均5日続伸でも“カヤの外”

もっと見る