H2O vs 近鉄百貨店 大阪拠点の大手百貨店の給与対決

公開日:

 大阪の主婦が集う阪急うめだ、あべのハルカス近鉄本店。今回の損得は「エイチ・ツー・オーリテイリング」(H2O)と「近鉄百貨店」の待遇を比較してみます。

 H2Oは、2007年に阪急百貨店と阪神百貨店の経営統合により発足。大阪市に本社を置く阪急阪神東宝グループ傘下の百貨店です。最近、千里中央駅前再開発を手がけると発表しました。

 対する近鉄百貨店は、1920年創業の大阪市に本社を置く近鉄グループ傘下の百貨店です。14年開業の「あべのハルカス近鉄本店」は売り場面積で日本最大級を誇ります。

 前期の連結売上高は、H2Oが9218億円、対する近鉄は2822億円。経常利益は242億円と44億円で、どちらも増収増益を達成しました。社員の給与はどうでしょうか。有価証券報告書(16年度)によると、H2Oは持ち株会社の社員平均ですが、年収891万円。一方、近鉄百貨店は450万円です。これらのデータを基に年齢別の推定年収を試算すると、ピーク時の50歳では、908万円と465万円で、443万円の差となります。生涯給与はこうなります。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

もっと見る