玄侑宗久さん<5>「宗教か小説家どっちを取るかで悩み…」

公開日: 更新日:

 肝臓を悪くした玄侑さんは仕事を続けられなくなり、川口市のゴミ焼却場を2年ほどで辞めざるを得なかった。26歳のときだ。

「仕事は辞めたのに、病気は一向に良くならない。どうしようもなくなって、福島に戻ってきたんですよ。はい、実家のこの寺です。で、隣の郡山市で昔から肝臓に効くといわれてきたカンニャボを薬として売り出したので、それを飲んだんです。ご存じですか? 桑畑に発生する貝の一種。マキ貝ですね。それをすり潰して飲む。今は糖衣錠ですが、そのころは粉でした。健康食品ですね。これが、てきめんに効いた! 数値がみるみる改善しました。ハハハ、ホント。今じゃ、肝臓が強過ぎて困るくらいですよ」

 体調が回復する一方で、玄侑さんの悩みは膨らんでいった。まずは修行に行ってみるか、このまま頑張って物書きを目指すか――。迷いに迷った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小池知事が安倍政権にケンカ売る「Go To」狙い撃ちの計算

  2. 2

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  3. 3

    嵐・相葉に流れ弾…渡部建“トイレ不倫”騒動でトバッチリ

  4. 4

    池江璃花子は闘病で筋肉失うも…ブランクがプラスになる訳

  5. 5

    UUUMを疑問視「20%は割に合わない」と退所決めたYouTuber

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    PCR検査=反日の原因分析 「おはよう日本」はNHKの希望だ

  8. 7

    元ヤン木下優樹菜の更生を“全方位”で支える藤本の献身ぶり

  9. 8

    懲りない黒木瞳 まさかの映画監督2作目で名誉挽回なるか

  10. 9

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  11. 10

    埼玉県あっという間に医療崩壊の危機…小池氏再選の大迷惑

もっと見る