玄侑宗久さん<5>「宗教か小説家どっちを取るかで悩み…」

公開日:

 肝臓を悪くした玄侑さんは仕事を続けられなくなり、川口市のゴミ焼却場を2年ほどで辞めざるを得なかった。26歳のときだ。

「仕事は辞めたのに、病気は一向に良くならない。どうしようもなくなって、福島に戻ってきたんですよ。はい、実家のこの寺です。で、隣の郡山市で昔から肝臓に効くといわれてきたカンニャボを薬として売り出したので、それを飲んだんです。ご存じですか? 桑畑に発生する貝の一種。マキ貝ですね。それをすり潰して飲む。今は糖衣錠ですが、そのころは粉でした。健康食品ですね。これが、てきめんに効いた! 数値がみるみる改善しました。ハハハ、ホント。今じゃ、肝臓が強過ぎて困るくらいですよ」

 体調が回復する一方で、玄侑さんの悩みは膨らんでいった。まずは修行に行ってみるか、このまま頑張って物書きを目指すか――。迷いに迷った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

  10. 10

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

もっと見る