• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

玄侑宗久さん<5>「宗教か小説家どっちを取るかで悩み…」

 肝臓を悪くした玄侑さんは仕事を続けられなくなり、川口市のゴミ焼却場を2年ほどで辞めざるを得なかった。26歳のときだ。

「仕事は辞めたのに、病気は一向に良くならない。どうしようもなくなって、福島に戻ってきたんですよ。はい、実家のこの寺です。で、隣の郡山市で昔から肝臓に効くといわれてきたカンニャボを薬として売り出したので、それを飲んだんです。ご存じですか? 桑畑に発生する貝の一種。マキ貝ですね。それをすり潰して飲む。今は糖衣錠ですが、そのころは粉でした。健康食品ですね。これが、てきめんに効いた! 数値がみるみる改善しました。ハハハ、ホント。今じゃ、肝臓が強過ぎて困るくらいですよ」

 体調が回復する一方で、玄侑さんの悩みは膨らんでいった。まずは修行に行ってみるか、このまま頑張って物書きを目指すか――。迷いに迷った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  4. 4

    大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

  5. 5

    iPhone入手困難に? 米との貿易戦争激化で中国に“奥の手”

  6. 6

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  7. 7

    「9.16」引退宣言 安室奈美恵がこの1年で稼いだ驚きの金額

  8. 8

    佐喜真氏はなぜ沖縄県知事選で日本会議との関係を隠すのか

  9. 9

    今季ワースト4日間7097人 男子ツアーの閑古鳥は誰の責任か

  10. 10

    ツアーを長く支えた主催者との良好関係を小林会長ブチ壊し

もっと見る