周来友
著者のコラム一覧
周来友ジャーナリスト、タレント

1963年、中国生まれ。87年私費留学生として来日、95年に東京学芸大学大学院を卒業。「週刊新潮」「週刊文春」などに中国事情について執筆するほか、「ここがヘンだよ日本人」(TBS系)、「なかよしテレビ」(フジテレビ系)、「未来世紀ジパング」(テレビ東京系)などバラエティーやワイドショーにも出演。

来日後に日本の大学院を卒業し起業 出版事業で大成功

公開日:

元中国有力紙記者からの転身物語<1>

 蒸し暑さがまだ残る9月2日、日曜日。東京・豊島区にある西池袋公園の一角。午後3時になると、幹事らしき男性の掛け声で、近くにいた老若男女が一斉に集まった。その数、40人ほど。西洋人もいた。輪になってから自己紹介が始まった。
会話は、中国語と日本語が入り交じっている。

「佐藤洋といいます。2007年から10年間、大連で仕事をしていました。ここに来たのは中国人と交流したいからです」(日本人男性)

「張薇と申します。今年の7月に日本に来たばかり。経済学を勉強するため厦門(アモイ)から参りました」(中国人女性)

「私の名前はマリアンと言います。ドイツ人です。日本に来る前は台湾に留学していました。友達の紹介で今日初めて参加しました」(ドイツ人女性)

 ここは、うわさの「星期日漢語角」――。ボランティアによる日曜日中国語交流サロンだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  9. 9

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  10. 10

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

もっと見る