周来友
著者のコラム一覧
周来友ジャーナリスト、タレント

1963年、中国生まれ。87年私費留学生として来日、95年に東京学芸大学大学院を卒業。「週刊新潮」「週刊文春」などに中国事情について執筆するほか、「ここがヘンだよ日本人」(TBS系)、「なかよしテレビ」(フジテレビ系)、「未来世紀ジパング」(テレビ東京系)などバラエティーやワイドショーにも出演。

外国人向け広報誌作りがキッカケで再び編集の道へ

公開日: 更新日:

元中国有力紙記者の転身物語<3>

 元エリート記者は、妻の助言で日本に渡航し、東京学芸大学大学院の研究生となった。そこで日本語を学んでいるうちに、「人に伝えたい」という本能を抑え切れなくなる。彼は学業の傍ら、東京にある10紙以上の中国語フリーペーパーに投稿し、発信し続けたのだ。

 結果的にはコレが功を奏した。投稿がキッカケで翌年、豊島区から外国人向け広報誌作りの編集協力の委託を受け中国で培った編集者の腕を振るうことになる。当時を振り返りながら、D氏が自慢げに話す。

「恐らくボクは日本の外国人向け広報誌編集に携わった外国人の中では、来日後の期間が最も短かった。ほぼボランティアでしたが、人のために役立つというやり甲斐を感じました」

 その後、D氏は駒沢大学大学院(修士)、新潟大学大学院(博士)に進み、社会学の研究に励んだ。テーマは、「在日中国人」についてだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    片山杜秀氏 日本は“束ねられる”ファシズム化が進んでいる

  2. 2

    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

  3. 3

    人気定着だから見えてきた カーシェアの「残念な点」3つ

  4. 4

    巨人菅野の深刻一発病なぜ? 本人や相手打者ら8人に総直撃

  5. 5

    シーズン中に異例の発表 G上原を引退に追い込んだ球威不足

  6. 6

    レオパレス21も標的 旧村上ファンド系が次に狙う会社は?

  7. 7

    “ヨン様そっくり”ぺよん潤 芸人仕事と兼ねる意外な副業

  8. 8

    嫌われアナ1位に浮上 テレ朝・弘中綾香アナ“鋼のメンタル”

  9. 9

    トランプが千秋楽観戦で…正面マス席1000席確保の大困惑

  10. 10

    首位要因は丸だけ?当事者に聞いた原巨人と由伸時代の違い

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る