渡辺由美子さん<5>NPOの原動力となる情熱は尽きない

公開日:

 百貨店、出版社を経て、フリーランスとして5~6年活動している間に出産。その後、夫の転勤に伴って2001~02年にかけて、家族で英国に移住しました。

 向こうでも、フリーとしてできる仕事は手がけていました。英国の女性はさまざまな働き方で活躍していて、幼稚園の送り迎えもパパが来ているケースを多く見かけましたね。社会全体が子どもや子育てに寛容だったんです。

 段差のあるところでベビーカーを押していれば、誰かがすぐに助けてくれる。お店で子どもが騒がしくしていれば、近くにいる他人がちゃんと諭す。日本ではそうした場面がいちいち大変で、電車でベビーカーをたたまないといって怒られ、店では親のしつけがなっていないと怒られる。帰ってきてから、だいぶ違和感を感じました。英国では、社会全体で子どもを育てる感覚があったのですが、日本にはそれがなくなっていることに気がつきました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    キミを守れなかった…金本擁護から逃げた坂井信也オーナー

もっと見る