ふるさと納税の返礼品にも いま“マンホールのふた”が熱い

公開日:

 といっても、猛暑だからという話じゃない。全国に約1万2000種類あるという“ご当地マンホール”のふたを、ふるさと納税の返礼品にする自治体が、ジワジワと増えつつあるのだ。

 茨城県石岡市では6月下旬から、「幌獅子」と「ユリの花」をモチーフにした、直径60センチ、重さ40キロ近くある2種類のふたを返礼品に加えた。必要な寄付額は、いずれも35万円と高額だ。

 7月20日から4種類のふたを“出品”し始めた兵庫県稲美町は、もっとすごい。「コスモス」をあしらった、直径60センチで着色アリのふたはナント70万円なり!

 高額になるのは、総務省が4月、全国の自治体に対し、返礼品額の比率は寄付額の3割までというお達しを出したから。石岡市の担当者は「ふたは受注生産で、製作費は1枚8万~10万円ほどかかります。まあ、高額ですから、24日時点で申し込みはゼロです」。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  4. 4

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    2年契約満了で去就は 中日ビシエド水面下で“静かなる銭闘”

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る