• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ふるさと納税の返礼品にも いま“マンホールのふた”が熱い

 といっても、猛暑だからという話じゃない。全国に約1万2000種類あるという“ご当地マンホール”のふたを、ふるさと納税の返礼品にする自治体が、ジワジワと増えつつあるのだ。

 茨城県石岡市では6月下旬から、「幌獅子」と「ユリの花」をモチーフにした、直径60センチ、重さ40キロ近くある2種類のふたを返礼品に加えた。必要な寄付額は、いずれも35万円と高額だ。

 7月20日から4種類のふたを“出品”し始めた兵庫県稲美町は、もっとすごい。「コスモス」をあしらった、直径60センチで着色アリのふたはナント70万円なり!

 高額になるのは、総務省が4月、全国の自治体に対し、返礼品額の比率は寄付額の3割までというお達しを出したから。石岡市の担当者は「ふたは受注生産で、製作費は1枚8万~10万円ほどかかります。まあ、高額ですから、24日時点で申し込みはゼロです」。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  4. 4

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  5. 5

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  6. 6

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  7. 7

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  8. 8

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  9. 9

    国連が原発作業員の被ばく危惧も…安倍政権またもガン無視

  10. 10

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

もっと見る