期限過ぎても大丈夫 「ふるさと納税」還付申告で取り戻す

公開日:

 国税庁長官が辞任では納税する気も失せてしまうがあす(15日)は確定申告の提出期限だ。最近は“ふるさと納税”などで申告するサラリーマンも増えている。

「給料が増えても手取りが減っている人は、所得控除をしていない人。面倒だからと何もしないと数十万円損するケースもあります」と話すのは生活経済ジャーナリストの柏木理佳氏だ。

 雑損控除や医療費控除など所得控除は10種類以上あり、意外と知らない人も多い。ちなみに雑損控除は、災害や盗難などで資産に損害を受けた場合に受けられる。

 医療費控除は、家族で支払った医療費が年10万円を超えた場合に一部の金額が戻ってくることは知っているだろうが、その年の総所得が200万円未満なら、その5%の金額を超えれば受けられる。180万円なら9万円でOKなのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  4. 4

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  7. 7

    月9「SUITS」で高評価 鈴木保奈美の豪華衣装と着こなし方

  8. 8

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  9. 9

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  10. 10

    掛布氏と岡田氏は会話せず…阪神OB会に漂った微妙な空気

もっと見る