期限過ぎても大丈夫 「ふるさと納税」還付申告で取り戻す

公開日:

 国税庁長官が辞任では納税する気も失せてしまうがあす(15日)は確定申告の提出期限だ。最近は“ふるさと納税”などで申告するサラリーマンも増えている。

「給料が増えても手取りが減っている人は、所得控除をしていない人。面倒だからと何もしないと数十万円損するケースもあります」と話すのは生活経済ジャーナリストの柏木理佳氏だ。

 雑損控除や医療費控除など所得控除は10種類以上あり、意外と知らない人も多い。ちなみに雑損控除は、災害や盗難などで資産に損害を受けた場合に受けられる。

 医療費控除は、家族で支払った医療費が年10万円を超えた場合に一部の金額が戻ってくることは知っているだろうが、その年の総所得が200万円未満なら、その5%の金額を超えれば受けられる。180万円なら9万円でOKなのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  8. 8

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  9. 9

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  10. 10

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

もっと見る