松野弘さん<5>転職3回で得た財産は人脈…役立つ時が来る

公開日: 更新日:

 電通からパイオニア、そしてシンクタンクの日本総研へ――。いずれも、「いつかは大学教員になる」という目標を最優先した結果の転職だった。

「日本総研に転職したのは1982年。研究調査部に配属になって経済産業部門の主任研究員になった。メーカーからの誘いもあったけど、当時は、シンクタンクブームだったし、研究の時間もとれそうだったんです。

 ボクが転職で一番大事にしたのは、“業界でナンバーワンレベル”の会社に移ること。トップクラスの企業は何よりブランド力があるし、次に転職するとき有利になる。これは実感ですよ。実は、日本総研では、間もなく営業の仕事をやらされる羽目になって1年で退職、大手のシンクタンクにいたことが次の転職に役立ちましたから」

 次なる就職先は日本青年会議所(JC)。JCがシンクタンク(JC総研)を設立するため人材を探していたのだ。松野さんは、JC総研の主任研究員と、政策室の総合アドバイザーとなる。こうしてサラリーマンとして社会経験を積む一方で、内外の学会に所属して研究は続けていた。マイノリティー問題をやめ、新たな研究テーマは産業・環境問題だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤原紀香の評価に変化…夫・片岡愛之助の躍進が追い風に

  2. 2

    サザン時代の自分は地上2メートル上をフワフワ浮いていた

  3. 3

    “青汁王子”こと三崎優太氏のYouTubeでの主張に対する弊社の見解

  4. 4

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  5. 5

    ド派手実業家「青汁王子」のマズイ素顔…反社との関係発覚

  6. 6

    自民党総裁選で乱発 「共通の価値観」を唱和するお笑い

  7. 7

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  8. 8

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  9. 9

    草刈正雄 コロナ禍で考えた家族と仕事「後悔ないように」

  10. 10

    ハナコ岡部が朝ドラで評価上昇 “ライバル”はハライチ澤部

もっと見る