ウインターイルミネーション 夜景評論家に聞く今年の目玉

公開日: 更新日:

 先週木曜の夕方、丸の内仲通りの約200本の街路樹が、パア~ッとシャンパンゴールドに染まった。今年で17年目、冬の風物詩として定着した、約1.2キロのウインターイルミネーションだ。

 有楽町から東京駅へ。仕事帰りにガード沿いをトボトボ歩くより、多少なりとも気が晴れる。女性と一緒だったら、ウキウキだろう。

 ウインターイルミネーションの点灯は、ちょうど今ごろ、11月中旬がピーク。“冬の桜”をイメージして、約40万個の桜色のLEDで彩られる目黒川沿いのイルミネーションも、先週金曜にスタート。クリスマスに向けツリー型のそれも含めると、ちょっと飽和状態気味。

 だが、見逃せない目玉もあるらしい。夜景評論家の丸々もとお氏がこう言う。

「東京オリンピックの2020年に向け、今年からイルミネーションでも新たな試みを始めるなど大きな挑戦が始まっています。たとえば、都心では大井競馬場です。イベントは競馬開催日以外ですでに始まっています。LED数は約800万個と、都心ではケタ違いのスケール。新技術を盛り込み十数億円を投じた夜のエンターテインメントです。体験型のモノでは、『さがみ湖リゾートプレジャーフォレスト』。リフトに乗ってイルミネーションの空間を走行したりできます。『あしかがフラワーパーク』や『ハウステンボス』の“水”を活用したイルミも新機軸です」

 有料の施設もあるが、彼女を誘えば案外、安いデートか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  2. 2

    桑田真澄というカリスマが高校野球に物申したことの意義

  3. 3

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  4. 4

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  5. 5

    イタリア政治に風穴あけた「五つ星運動」共同設立者に聞く

  6. 6

    強豪校監督に聞いた 高校野球の球数制限「賛成?反対?」

  7. 7

    大食い客から猛批判「やよい軒」おかわり有料化の視界不良

  8. 8

    横綱白鵬に帰化を決意させた朝青龍とのギスギスした因縁

  9. 9

    開幕から6戦全勝 原巨人5年ぶりV奪回は“カモ虎”と共に

  10. 10

    DeNA“オープナー制”実らず データ野球浸透の壁を識者指摘

もっと見る