演奏すると不吉なことが? 尺八には霊を呼ぶ曲がある

公開日: 更新日:

 先月28日、目黒不動尊で、オカルトホラー漫画の第一人者・永久保貴一氏、尺八奏者の善養寺惠介氏、目黒不動尊副住職の瀧口康道氏によるトークイベントが行われた。永久保氏がインタビュアーを務め、不思議な体験が語られた。

 尺八奏者の善養寺氏によると、演奏すれば不吉なことが起きると噂される曲があるという。

「たとえば、山田流箏曲の中には、物語の主人公の霊を呼ぶ3つの曲があります。これらの演目のときは事前に関係する神社や墓前にお参りする演者は少なくありません」

 そのひとつが那須野が原の殺生石を題材にした曲。善養寺氏は、最近、NHKの番組でこの曲を収録する際に不思議な体験をした。

「演奏の尺は19分ほしいとのことでしたが、フルで演奏しても1分程度足りない。そこで、那須野が原をイメージした効果音として導入部で演奏するように頼まれました。ところが本番で演奏しているとディレクターから止められた。『すみません、ノイズが入ってしまって』と言うのです。僕らには聞こえませんでした。しかし、リプレーしたら、“ボン”と何かがぶつかったような音が入っていました。何か倒れたなら、途中でわかったはずですから……」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    広瀬すずにもNHKピリピリ…朝ドラ主演の過酷さと監督事情

  3. 3

    「昭和の人間ですが」中森明菜が平成最後に綴る手紙の悲痛

  4. 4

    化粧しっかり…松嶋菜々子「なつぞら」の"雪肌"に違和感

  5. 5

    いい人アピール安倍首相“大聖堂お見舞い”プランのハタ迷惑

  6. 6

    「なつぞら」広瀬すず友達役…富田望生は“視聴率の女神”か

  7. 7

    あんだけ体重があるのに大阪桐蔭の西谷監督はフットワークが軽い

  8. 8

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  9. 9

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  10. 10

    「なつぞら」高畑淳子 "テンション高め"の演技に懸念浮上

もっと見る