三枝成彰
著者のコラム一覧
三枝成彰作曲家

1942年、兵庫県生まれ。東京芸大大学院修了。代表作にオペラ「忠臣蔵」「狂おしき真夏の一日」、NHK大河ドラマ「太平記」「花の乱」、映画「機動戦士ガンダム逆襲のシャア」「優駿ORACIÓN」など。2017年、旭日小綬章受章。

ハンナ・アーレント「悪の凡庸さ」に通じる安倍政権の面々

公開日: 更新日:

 今国会で集中砲火を浴びている五輪担当大臣の桜田さんは、「なぜ選ばれたと思うか」と聞かれ、「総理が適材適所と思って選んだ。選んでいただいた人に立派に任務を果たすように取り組んでいる」と答弁していた。一心不乱に安倍さんのために頑張ります、と宣言した格好だ。

 こんな大臣を見ると、ハンナ・アーレントを思い出す。考えることの大切さを説いたドイツの政治哲学者だ。少し前、彼女を主人公にした映画が公開された。そのときに初めて存在を知った僕は、彼女の本を片っ端から読んだんだ。

 ハンナはユダヤ人で、アウシュビッツの収容所に入れられたこともある。それなのに、ユダヤ人を虐殺した首謀者であるアイヒマンを「悪くない」と説いた。悪いのは、彼に虐殺を命じたヒトラーであり、ナチの悪事を知っていながら止めなかった大衆である、と。そのせいで彼女はユダヤ人社会で干されちゃうんだけど、そんなことは顧みず“アイヒマンは上からの命令に忠実に従っただけの平凡な市民だ”と主張した。世界の最大の悪は、人間の心を失った異常者によって行われるのではない。ごく平凡な人間が何も考えずに行う悪だ、と。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    反町隆史“女性救護”で男を上げ…木村拓哉とばっちりのナゼ

  2. 2

    もっか打撃三冠なのに…巨人坂本“メジャー興味なし”の理由

  3. 3

    女性救護で男上げた “ヤンチャ”反町隆史が大人になるまで

  4. 4

    霞が関7月人事本格化 金融庁長官続投か否かが“忖度”試金石

  5. 5

    国分太一「ビビット」降板…TOKIOに囁かれる“空中分解説”

  6. 6

    巨人菅野の深刻一発病なぜ? 本人や相手打者ら8人に総直撃

  7. 7

    日テレ青木源太アナ “ジャニーズ愛”でフリー転身説急浮上

  8. 8

    19歳“金の卵”スチュワートはソフトBの熱意にほだされた

  9. 9

    安倍政権“究極の二枚舌”金融庁「公的年金に頼るな」のア然

  10. 10

    単身者は6割が「厳しい」と…年金生活で月5万円浮かすコツ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る