三枝成彰
著者のコラム一覧
三枝成彰作曲家

1942年、兵庫県生まれ。東京芸大大学院修了。代表作にオペラ「忠臣蔵」「狂おしき真夏の一日」、NHK大河ドラマ「太平記」「花の乱」、映画「機動戦士ガンダム逆襲のシャア」「優駿ORACIÓN」など。2017年、旭日小綬章受章。

ハンナ・アーレント「悪の凡庸さ」に通じる安倍政権の面々

公開日:

 今国会で集中砲火を浴びている五輪担当大臣の桜田さんは、「なぜ選ばれたと思うか」と聞かれ、「総理が適材適所と思って選んだ。選んでいただいた人に立派に任務を果たすように取り組んでいる」と答弁していた。一心不乱に安倍さんのために頑張ります、と宣言した格好だ。

 こんな大臣を見ると、ハンナ・アーレントを思い出す。考えることの大切さを説いたドイツの政治哲学者だ。少し前、彼女を主人公にした映画が公開された。そのときに初めて存在を知った僕は、彼女の本を片っ端から読んだんだ。

 ハンナはユダヤ人で、アウシュビッツの収容所に入れられたこともある。それなのに、ユダヤ人を虐殺した首謀者であるアイヒマンを「悪くない」と説いた。悪いのは、彼に虐殺を命じたヒトラーであり、ナチの悪事を知っていながら止めなかった大衆である、と。そのせいで彼女はユダヤ人社会で干されちゃうんだけど、そんなことは顧みず“アイヒマンは上からの命令に忠実に従っただけの平凡な市民だ”と主張した。世界の最大の悪は、人間の心を失った異常者によって行われるのではない。ごく平凡な人間が何も考えずに行う悪だ、と。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  7. 7

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

もっと見る