田丸昇
著者のコラム一覧
田丸昇

1950年5月5日、長野県東御市生まれ。元日本将棋連盟理事。中学生で奨励会入りし、佐瀬勇次名誉九段の門下生となる。長髪から「ライオン丸」というニックネームで知られた。16年10月に現役引退。近著に「名棋士の対局に学ぶ 詰め&必死」(創元社)がある。

2000人が参加しリコー①が6連覇した「職団戦」の熱気

公開日:

 職域団体対抗将棋大会(通称・職団戦)は、会社、役所、団体の将棋同好会などが、5人1チームで参加する最大の団体戦である。年に春と秋の2回、都内の大会場で行われている。

 職団戦は1959(昭和34)年に始まった。東京オリンピックが開催された64年からは、柔道の試合場だった日本武道館(千代田区)が定例の会場となった。05年からは「東京体育館」(渋谷区)と「東京武道館」(足立区)で交互に行われている。

 今年10月には第114回職団戦が「武蔵野の森総合スポーツプラザ」(調布市)で行われ、約400チームが参加した。

 通常はスポーツや音楽のイベントが行われるが、当日は数多くの盤駒がぎっしりと並べられた。出場選手、関係者らを含めて2000人以上が集まったことになり、なかなか壮観である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  4. 4

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  5. 5

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  6. 6

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  7. 7

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  8. 8

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  9. 9

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  10. 10

    月9「SUITS」で高評価 鈴木保奈美の豪華衣装と着こなし方

もっと見る