サッポロビール臼井勝彦さん「メーカー勤務の喜びを凄く感じています」

公開日:

臼井勝彦さん サッポロビール(株)ブランド戦略部 RTDグループリーダー

 ウオッカベースの缶チューハイ「99.99(フォーナイン)」が売れている。8月末の発売ながら発売1カ月を待たずに、「年間販売計画200万ケースの50%超え」を達成。スタイリッシュなデザインで、コンビニでもひと際目立つ存在になりつつある。臼井さんは、マーケティンググループの責任者だ。

「RTD担当になったのは去年の春。ちょうど、新商品の開発がスタートしたころです。RTD部門は弊社は後発でしたし、他社ブランドは固定客が固まりつつある状況でした。内心、“そう簡単ではないな~”と思ってました」

 RTDとは(ready to drink)の頭文字で、缶酎ハイや瓶入りカクテルなど、蓋を開けてすぐにそのまま飲めるアルコール飲料のこと。当時、缶チューハイ売り場には、“派手でにぎやか”な他社製品が並んでいた。一方、臼井さんたちが行った消費者調査では、「高級感」「丁寧」「本物感」を求める声が多かったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る