【揚げ大根のあんかけ】コンビニおでんがひと手間で絶品に

公開日:  更新日:

 冬といえば大根。やっぱり、ダシが染みた冬の大根は格別である。

「万作」の亭主が作る、この大根がひと味違うのは軽く揚げているからだ。

 熱々がカウンターに運ばれると、ふぁーとダシの香りが広がる。自然に笑顔になってしまう。

「まず、輪切りにした大根を茹でて軟らかくした後、ダシ10、みりん1、薄口醤油0.5の割合のつゆに入れて弱火で30分ほどコトコト煮て味を染み込ませます。鍋から大根を取りだしたら、熱いうちにかたくり粉をまぶし、サラダ油で揚げる。表面だけカリッとさせればいいので、揚げる時間は短くてOKです。油の温度は180度くらい。揚げた大根を器に盛り、餡をかければ完成です」

 さっそく食べてみると表面がカリッとしていて、そのあと軟らかい大根からダシの味がジワッーと口の中に広がっていく。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  8. 8

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  9. 9

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  10. 10

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

もっと見る