牧野伊三夫
著者のコラム一覧
牧野伊三夫画家

1964年生まれ。画家。美術同人誌「四月と十月」同人。著書に「かぼちゃを塩で煮る」(幻冬舎)、「僕は、太陽をのむ」(港の人)ほか。北九州市情報誌「雲のうえ」、飛騨産業広報誌「飛騨」編集委員。

年老いた両親にも客にも人気の「カレー鍋」は糸コンが主役

公開日: 更新日:

 このごろ、よくカレー鍋をやる。もともと、そば屋のカレーうどんなど、和風の出汁の効いたカレー味が好きなのだ。我が家では、すき焼きやタラちり、ねぎまなどと並ぶ定番だ。カレーの香りに食欲を刺激され、下町の安食堂で一杯やっているときのような庶民的な喜びがこみあげてくる。年老いた僕の両親にも評判がよく、お客たちにも人気で、たびたび作り方を聞かれるので書いておこう。焼酎のお湯割りやホッピーなどともよく合う。

 さて、まずは「割り下」だ。鍋にカツオ出汁をとり、酒と醤油でそばつゆにしてちょうどよいくらいの濃さになるよう味付けをする。酒と醤油は同量。僕は丸大豆醤油にたまり醤油を少し混ぜてコクを出すのだが、たまりがなければ丸大豆醤油だけでも十分おいしくできる。

 弱火で酒のアルコールを飛ばし、カレー粉とおろしショウガを放り入れたら完成。カレー粉は缶入りのものを使う。分量も好みだが、僕は辛いのが好きなのでけっこう多めに入れ、さらにカイエンペッパーも加える。足りなければ、食べるときに足せばいい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    柔道金メダリスト内柴正人さん 第2の人生は“銭湯のオヤジ”

  2. 2

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  3. 3

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  4. 4

    東出昌大は離婚で“焼け太り” 映画出演での快進撃が始まる

  5. 5

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  6. 6

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  7. 7

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

  8. 8

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  9. 9

    都会に住むとわからない…地方の“新型コロナ差別”の実態

  10. 10

    長谷川博己も沈黙…撮影再開「麒麟がくる」はまるで“通夜”

もっと見る