「日本橋倶楽部」細田安兵衛さん “街のDNA”は変わらない

公開日: 更新日:

 細田さん(91)は創業200年、和菓子の榮太樓總本鋪の相談役でもある。日本橋に生まれ、日本橋で育った。この街の変貌を見続けてきたひとりだ。

 ――いま、この街は新しいビルが次々オープンし再開発が進んでいます。

「新しいビルができると風景はガラリと変わります。でもね、私は日本橋にはちっとも変わってない部分があると思う。たとえば、路地文化。日本橋から江戸橋までの間の一角は、かつてあった市場の“場外”だった場所。その間には5、6本の小さな路地が残っている。佃煮屋、かまぼこ屋があり、海苔屋も鰹節屋もキチンと残っていて風情もある。

 建物だけじゃありません。昔からの老舗同士の間には今でも人の付き合いが続いている。互いに仲人を頼んだり引き受けたりしてね。世界的に有名な繁華街に人間関係が残っていることは素晴らしいこと。私はこうしたつながりを“街のDNA”と呼んでいます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    上沼恵美子が試される…フジテレビの“実験”は吉と出るか

  5. 5

    元スピードスケート五輪銅 山中宏美さんは銭湯でヨガ講師

  6. 6

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  7. 7

    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

  8. 8

    遠のく錦織GS制覇…稚拙なチームとマネジメントに疑問の声

  9. 9

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  10. 10

    一体何が…大坂なおみ“心の支柱”サーシャ氏と決別の衝撃

もっと見る