ライズTOKYO社長・宮崎誠司さんと“スタバ本”との出会い

公開日: 更新日:

 高反発マットレスのブランド「ライズ」を主力に、寝具の製造販売を手掛ける同社。機能性寝具には高額イメージもあるが、1万円を切る商品も提案する。宮崎さんは「高いものはいいものだ」という常識を覆し、寝具業界にも風穴をあけたいと意気込む。

「全球すべてアウトローの真っすぐ。どれも同じ軌道を描いていました」

 少し前、宮崎さんはバッターボックスから桑田真澄氏の投げる球を見て、少年のように目を輝かせていた。

「私も県立岐阜商の高校球児でした。桑田さんは2学年上ですが、まさに我々はPL学園に憧れたKK世代。その桑田さんが私に向かって投げ、その直球はいまだうなりを上げているのです」

 時は巡り、桑田氏は同社の商品に助言を与える立場。また、高校の後輩であるQちゃんこと高橋尚子氏も製品開発アドバイザーとして協力してくれている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  3. 3

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  4. 4

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  5. 5

    坂上忍では微妙…関西人が納得する上沼恵美子“後釜”の名前

  6. 6

    分科会に浮上「Go To トラベル」前倒し実施に重大瑕疵疑惑

  7. 7

    “東京進出組”2人のMC 石井亮次にあって宮根誠司にないもの

  8. 8

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  9. 9

    阪神藤浪を殺す梅野の怯懦 巨人相手に5回まで1失点も3連敗

  10. 10

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

もっと見る