牧野伊三夫
著者のコラム一覧
牧野伊三夫画家

1964年生まれ。画家。美術同人誌「四月と十月」同人。著書に「かぼちゃを塩で煮る」(幻冬舎)、「僕は、太陽をのむ」(港の人)ほか。北九州市情報誌「雲のうえ」、飛騨産業広報誌「飛騨」編集委員。

パン屋のロゴマーク制作で「カメとメロンパン」に苦労し…

公開日: 更新日:

 昨年の夏、秋田市内に開店する「亀の町ベーカリー」というパン屋からロゴマークの絵の制作依頼があった。依頼を受けて、僕は小麦をこねる木製の麺棒やコック帽をかぶったパン職人など、いくつかの絵の案を描いた。そして、その中のひとつであった格子模様のついたヘルメットのような形に、手足と頭をつけたカメの絵に決まった。「亀の町」を強調したいということだった。

 亀の町は、その昔、堀に囲われた廓があった場所で、最近ここに新しいお店が次々とできているらしい。ただ、甲羅の部分がメロンパンのように見えるので、そこを手直ししてほしいと依頼主から要望があった。フランスパンとイギリス食パンを中心に売る店で、メロンパンは置かないからだという。

 言われてみると、たしかにヘルメットのようなカメの甲羅の部分はメロンパンに見える。それで、ためしに細長いフランスパンに頭と足をつけてみたのだが、カメというよりワニのようになった。これではまずいと、今度は食パン1斤に頭と足をつけてみると、こちらは馬に見えるのである。いっそのことメロンパンも売ったらいいじゃないか、と思ったりもしたが、そういうわけにもいかない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    横浜の誘致表明で…米カジノ最大手が大阪から撤退の衝撃

  2. 2

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  3. 3

    横浜市IR誘致表明で始まる“菅長官vsヤクザ”の仁義なき戦い

  4. 4

    土屋太鳳&山崎賢人まさかの4度目共演…焼けぼっくいに火?

  5. 5

    視聴率低迷のNHK大河「いだてん」には致命的な見落としが

  6. 6

    春風亭小朝 AKB48は噺家に欠ける部分を気づかせてくれた

  7. 7

    強烈ジョークでNHKを慌てさせた 香取慎吾の気になる今後

  8. 8

    すでに紅白内定? 3人組「ヤバイTシャツ屋さん」って誰?

  9. 9

    井上真央が女優活動再開 嵐・松本潤との破局説の行方は?

  10. 10

    有権者が賢くないと政治が乱れる見本

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る