嘉門タツオ
著者のコラム一覧
嘉門タツオシンガーソングライター

▽1959年3月、大阪・茨木市生まれ。高校在学中に笑福亭鶴光師匠に入門(後に破門)、ギター片手にライブ活動を始め、83年「ヤンキーの兄ちゃんのうた」でデビュー。「鼻から牛乳」「替え唄メドレーシリーズ」などヒット曲多数。33枚目のアルバム「HEY!浄土~生きてるうちが花なんだぜ~」発売中。食べログの「グルメ著名人」のコーナーが人気。年末年始に大阪・東京・名古屋でツアーを行う。

日本橋蛎殻町「すぎた」 主人の縁がつながり花開く

公開日: 更新日:

 最初は閑散としていたが、試行錯誤や創意工夫を続ける中で、締めさば、大葉とガリを巻き簾で巻いたものや、牡蠣を味噌漬けにするなどの定番も生まれた。酢飯の温度も安定し、日本酒のラインアップも充実しだした頃から徐々に軌道に乗り始めた。

 10年を迎える頃、建物もガタついてきたので、そろそろ改装しようと思っていた矢先に、女将さんのお父さんが突然倒れてテキサスの存続が不可能となった。家族で相談し、ここを寿司屋にできないかという案が出た。しかし、町内には修業先の都寿司本店がある。ありのままをご主人に伝えると、お父さんの後に入るのが筋です、遠慮なくやりなさいと言われて洋食屋が寿司屋になった。

 蛎殻町すぎたの暖簾を掲げて丸3年。和風の凛としたたたずまいだが、地下に下りる階段も、手すりも、ビルの看板も、テキサスの時のままだ。 

 そんな物語を背負って杉田さんは、今日もにこやかにカウンターに立つ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    酒井法子“5億円豪邸”略奪愛疑惑 新恋人には内縁の妻がいた

  2. 2

    不倫疑惑も神田沙也加は無傷 相手側のJr.秋山大河は茨の道

  3. 3

    「山健組」の弱体化を招いた元ナンバー3への“絶縁処分”

  4. 4

    TV局が3カ月でしゃぶりつくした“ラグビーバブル”終焉の先

  5. 5

    「桜を見る会」悪徳マルチ跋扈を許した経産OBと官邸の黒幕

  6. 6

    「70万円の婚約指輪が小さく感じる」女性の相談が大炎上!

  7. 7

    ゴルフ石川遼が28歳で10億円も…野球とは稼ぎで“雲泥の差”

  8. 8

    大谷、菅野…更改で気になる高給取り5選手のカネの使い道

  9. 9

    離婚の神田沙也加に不倫疑惑…逃れられない「聖子の呪縛」

  10. 10

    「馬毛島」を防衛省に売却 86歳老経営者の14年の“粘り腰”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る