生方正
著者のコラム一覧
生方正元自衛官

1970年、群馬県生まれ。高校卒業後、一般海曹候補学生として海上自衛隊に入隊。46歳で除隊。現在は明治大学サービス創新研究所客員研究員。著書に「高卒自衛官が実現した40代で資産2億円をつくる方法」(あさ出版)がある。

塵も積もれば…150円のペンでも簡単になくさなくなる方法

公開日: 更新日:

 ボールペン1本の価格はコンビニなら150円ほど。大人ならたいした金額ではないが、年に2本なくせば300円になる。しかも、こういうモノに無頓着な性格の人は、傘や鍵、リップクリームやスマホの充電器、さらには携帯本体などもよく落とすものだ。

 お金だけの損失ならまだいいが、鉄道の遺失物センターまでの往復にかかった時間の逸失分を考えればバカにならない。生方さんは「簡単にモノをなくさなくなる方法がある」という。

「持ち物すべてに名前を書くことです。私は幹部自衛官養成学校の『一般海曹候補学生』に入校する際、持ち物すべてに名前を書かせられました。武器弾薬を扱う自衛隊では、射撃訓練で撃った弾と空薬きょうの数が合わなければ、その場で射撃を中止して隊員全体で出てくるまで捜索するほどです。犯罪防止の観点のほか、物を大事にする精神を叩き込まれるのです。特に海上自衛隊は洋上に出れば次の補給地まで物資調達ができません。それで生まれたのが、旧海軍から言い伝えられる『水の一滴も大切にする』という精神です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  4. 4

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  5. 5

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  6. 6

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  7. 7

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

  8. 8

    大谷はFA権取得前に放出か トラウト472億円契約延長の波紋

  9. 9

    大船渡・佐々木に阪神熱視線で…“藤浪の二の舞”懸念する声

  10. 10

    「我慢できない」は嘘 矢野監督よ虎ファンを見くびるな!

もっと見る