キング
著者のコラム一覧
キング焼肉探検家/Yakiniku Explorer

早稲田大学大学院でMBAを取得したサラリーマンで作家。現在は、「焼肉探検家/Yakiniku Explorer」としても活動しており、週2ペースで都内を中心に焼き肉店を探索中。これまでに予約困難店を含め140店舗以上を訪れた。日々、おいしい焼き方を独自に研究している。

コスパ高で注目 週2で行きたい「たまには焼き肉 高円寺」

公開日: 更新日:

 量と質、価格のギャップが激し過ぎる店を発見しました。それが「たまには焼肉 高円寺店」です。

 人気焼き肉店「SATOブリアン」グループが5つも出店し、絶対的地位を築いている阿佐谷と違って、隣駅の高円寺はノーマークでした。その路地を進むと突如現れる真っ赤な外観――。2017年8月オープンなのに、周囲との調和をまるで図ろうとは考えていないような主張が激しい赤い看板が目印です。平成が終わろうというのに、昭和のにおいを感じます。

 新しい店内と昭和感のギャップよりも驚かされるのがメニュー。銘柄牛と個体識別番号が明記されており、トレーサビリティーもしっかりできています。そのクオリティーも高く、この日オススメの「並肉盛り」のメインは、なんと、人気の鳥取県産「田村牛」です。当日の仕入れ状況により内容は変わりますが、この日の1皿目は、ミスジ、カタニク、ウワミスジ、コサンカクの4種類。2皿オーダーすると、少し内容を変えてくれました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ナゾの男が骨董店で中古ピアノを演奏…話は意外な展開に!

  2. 2

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  3. 3

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  4. 4

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  5. 5

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  6. 6

    ドラマで描かれないシーン 古関裕而は無類の愛煙家だった

  7. 7

    11点差の負け試合に野手登板 G原采配「最善策」の違和感

  8. 8

    巨人の快進撃を支える「神走塁」 地味ながら凄い3人の正体

  9. 9

    先の大戦と酷似 デマと精神論が蔓延するコロナ禍ニッポン

  10. 10

    裕次郎さんの自宅から遺跡が…本人と石原プロ社員の神対応

もっと見る