キング
著者のコラム一覧
キング焼肉探検家/Yakiniku Explorer

早稲田大学大学院でMBAを取得したサラリーマンで作家。現在は、「焼肉探検家/Yakiniku Explorer」としても活動しており、週2ペースで都内を中心に焼き肉店を探索中。これまでに予約困難店を含め140店舗以上を訪れた。日々、おいしい焼き方を独自に研究している。

四拍子そろった浅草「焼肉BEAST」の超希少な但馬太田牛

公開日: 更新日:

 関東に週1頭しか入ってこない超希少な「但馬太田牛」を仕入れて、その生肉も提供するのがこちら。但馬太田牛は、兵庫県トップクラスの神戸ビーフ生産牧場で知られる「太田牧場」が、人里離れた小高い山の中でストレスフリーな環境と独自の配合飼料で丹精込めて育て上げた独自ブランドです。肉の味がしっかりしていて、脂質は甘味があって軟らかいのが特徴です。

 この日のスターターは「但馬太田牛とろける牛刺し(トモサンカク)」です。台東保健所の厳しい審査をクリアして提供されるもので、とても貴重。脂質と赤身のバランスが絶妙な滋味あふれる甘い味わい。融点が低いので、肉がとろけるのを実感できます。

 生肉が味わえるならと、追加で「但馬太田牛肉寿司」もいただきました。生肉好きには、こりゃ、たまらん。次は「5種盛り合わせ」です。その日のオススメを5種に盛り込む人気メニュー。この日の内容は、ねぎ巻きサーロイン、上ミスジ、あぶり3秒ロース(ウチモモ)、トウガラシステーキ、厚切りサーロインでした。厚さの違う部位ですが、さっとあぶる程度でいただくと口の中でトロけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  2. 2

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  3. 3

    未浄化下水広がる“肥溜めトライアスロン”に選手は戦々恐々

  4. 4

    兵庫・明石商監督に聞いた データ分析のチーム強化の労苦

  5. 5

    舘ひろし氏「太平洋戦争はエリートが犯した失敗の宝庫」

  6. 6

    靖国参拝で改めて認識 進次郎氏の軽薄さとメディアの劣化

  7. 7

    北朝鮮ミサイル発射を傍観するトランプ大統領“本当の狙い”

  8. 8

    引きこもりだった大学生が「しょぼい喫茶店」を始めるまで

  9. 9

    セレブ子弟集まる青学初等部に残る“ボスママ戦争”の後遺症

  10. 10

    令和元年も渦巻く欲望…夏の甲子園“ネット裏怪情報”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る