西谷綾子
著者のコラム一覧
西谷綾子

1986年、鳥取県生まれ。趣味は「体を動かすこと」。2016年、東京マラソンで3時間1分32秒の自己ベスト。特技はバスケットボール(インターハイ3年連続出場)。ジュニアアスリートフードマイスター。睡眠改善インストラクター。

野菜がおいしいカフェ神宮前・原宿で「モリンガ」ドレ発見

公開日: 更新日:

 4月4日は33歳の誕生日でした。年を重ねるたびに思うことは「張りのある肌」をキープしながら、「いつまでも若々しくいたい」ということ。

 あと「疲労を翌日まで持ち込まない体でありたい」です。最近、特に意識するようになったのが「活性酸素」です。

 シミにシワ、肌荒れ、血管の老化、生活習慣病……などの原因とされています。この活性酸素を減らすためには紫外線を浴び過ぎない、過度な飲酒や喫煙を控える、添加物が多く含まれている食べ物を避ける、ストレスをため込まない――。 

 私自身、悩ましいのは、スポーツ大好きなので通常よりも多くの酸素を取り込み、やはり活性酸素の増加を促してしまっているからです。でもRUNはライフワーク! マラソンでは3時間切りは絶対に達成したい! どうすればいいの? 

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  2. 2

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  3. 3

    東海大野球部「大麻使用」で激震 巨人原監督に再建託すSOS

  4. 4

    甥っ子がフジテレビ退社 囁かれる“安倍引退”のタイミング

  5. 5

    「鬼滅の刃」実写化なら炭治郎は誰が? 浮上する6人の俳優

  6. 6

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  7. 7

    “奇跡の61歳”宮崎美子 カレンダー予約殺到で「鬼滅」超え

  8. 8

    再燃する矢野降ろし…岡田氏再登板を後押しする阪神の忖度

  9. 9

    嵐・二宮和也に訪れた倦怠期の兆し…“帰宅拒否症”疑惑も

  10. 10

    162km阪神藤浪にサイドスロー転向案が再浮上していた仰天

もっと見る