西谷綾子
著者のコラム一覧
西谷綾子

1986年、鳥取県生まれ。趣味は「体を動かすこと」。2016年、東京マラソンで3時間1分32秒の自己ベスト。特技はバスケットボール(インターハイ3年連続出場)。ジュニアアスリートフードマイスター。睡眠改善インストラクター。

ORGANIC TABLE BY LAPAZ ビーガン=少量と思う人にこそ…

公開日: 更新日:

 こう見えても「脱いだら凄いんです」じゃなくて……、実はワタシ、こう見えても「メッチャ食べる」んです。

 ついついムシャムシャパクパク食べ過ぎちゃうことがあり、わんこソバを100杯! 食べたこともあります。でも、仕事柄、体形は維持しなければならないし、まだまだフルマラソンも続けたい。分かっているんですが、それでもボリュームのあるものをガッツリ食べたい! 

 そんな時、この店に駆け込んじゃいます。

 コンセプトは「ビーガン」。訳すと「完全菜食主義者」かな? 

 肉、魚、卵、乳製品など動物性食品を一切使わず、白砂糖、蜂蜜に保存料、着色料、化学調味料など添加物もなし! 店員さんに聞いてみてください。とっても親切・丁寧に教えてくれますよ。 人気ナンバーワンのメニューの「ソイフィレアボカドバーガー」(1600円)をオーダーしました。

 バンズは、グレイン(穀物・雑穀)、全粒粉、ターメリックライスの3種類の中からグレインを、具材はソイフィレカツ&アボカドを選びました。 

 グレインにはビタミンやミネラル、食物繊維などが豊富に含まれています。ソイフィレカツには大豆ミートが使われ、しっとりとした食感がうれしい。まるで本物のお肉を食べているみたい。

 アボカドは別名“若返りの美容液”と呼ばれています。これにビビッと反応しない女子なんているわけないですよね。ハハハ。効能としては美肌づくり、血液サラサラ、優れた整腸作用、体脂肪率低下、動脈硬化と高血圧の予防、肝機能良化などなど。もぅ~言うことなしです! 冷え性改善にも良いので、今の時期、女子には最適ですね。

 入り口ドアの周りはレンガ造り。大きなガラス窓から、柔らかな自然光が入ってきます。テーブルに椅子、ライトなどアンティークなテイストがいっぱい。場所柄、外国人が多く、ちょっとした異国情緒も楽しめます。

 ビーガン=「味気ない・量が少ない」というイメージもあると思いますが、そういう人こそ、ぜひ足を運んでみてくださいね。心も体もフルに満たされますよ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    小栗旬が米国に再移住を決めた裏に…“大好きな先輩”西島秀俊の些細なひと言

    小栗旬が米国に再移住を決めた裏に…“大好きな先輩”西島秀俊の些細なひと言

  2. 2
    プロ注目左腕の京都国際・森下瑠大 初戦3回4失点KOにニンマリの球団

    プロ注目左腕の京都国際・森下瑠大 初戦3回4失点KOにニンマリの球団

  3. 3
    巨人球団ワースト記録更新の8本目“満塁本塁打病”…ベンチで真っ青なコーチ2人の名前

    巨人球団ワースト記録更新の8本目“満塁本塁打病”…ベンチで真っ青なコーチ2人の名前

  4. 4
    有田芳生氏「統一教会は毎月1億円の『対策費』で『政治の力』に頼った」

    有田芳生氏「統一教会は毎月1億円の『対策費』で『政治の力』に頼った」

  5. 5
    小栗旬が竹内涼真に御立腹…「小栗会」のパシリにご指名か

    小栗旬が竹内涼真に御立腹…「小栗会」のパシリにご指名か

  1. 6
    六平直政さん「オレの髪がフサフサだった頃、唐十郎さんと長男・義丹と伊豆で撮った1枚は…」

    六平直政さん「オレの髪がフサフサだった頃、唐十郎さんと長男・義丹と伊豆で撮った1枚は…」

  2. 7
    山田優は第4子出産でも辻希美「ママタレ女王」の座は奪えない…アンチの存在がネックに

    山田優は第4子出産でも辻希美「ママタレ女王」の座は奪えない…アンチの存在がネックに

  3. 8
    旧統一教会と対峙する弁護士・ジャーナリストが受けた嫌がらせ…無言電話や尾行だけじゃない

    旧統一教会と対峙する弁護士・ジャーナリストが受けた嫌がらせ…無言電話や尾行だけじゃない

  4. 9
    猛暑もぶっ飛ぶ人気の「ホラー映画」ベスト3…堂々トップは邦画の金字塔だった!

    猛暑もぶっ飛ぶ人気の「ホラー映画」ベスト3…堂々トップは邦画の金字塔だった!

  5. 10
    旧統一教会は大打撃…「安倍元首相銃撃事件」以降に被害相談爆増し“正体隠し”通用せず

    旧統一教会は大打撃…「安倍元首相銃撃事件」以降に被害相談爆増し“正体隠し”通用せず