田中淳夫
著者のコラム一覧
田中淳夫森林ジャーナリスト

1959年生まれ。静岡大探検部を卒業後、出版社、夕刊紙を経て森林ジャーナリストに。「森は怪しいワンダーランド」(新泉社)、「鹿と日本人 野生との共生1000年の知恵」(築地書館)など著書多数。

“ご神体”の大木に手を合わせ…宗教的気分に浸ってみよう

公開日: 更新日:

 以前、日比谷公園で不思議な光景を見た。園内にある大木「首かけイチョウ」の周りを多くの人が取り囲み、みんな手をかざしているのだ。そしてうっとりと目を閉じている。どうやら樹木のパワーを手のひらで感じている、らしい。

 最近、この手の光景をよく目にする。パワースポットと称される場所で、ご神体に相当する大木や巨石、祠(ほこら)などに手をかざすのである。手を合わすのではなく、手かざしは新たなお参りの作法だろうか。

 一概に否定はしない。手をかざした方が癒やされるなら結構だ。そこで、どうせなら森の中で宗教的な思いを感じてみるのはどうだろう。

 私が最も宗教的な空気を感じた森は、和歌山県の高野山だ。標高800メートル級の高原に数百の寺院が並ぶ町である。

 約1200年前に、弘法大師こと空海の開いた真言宗の総本山・金剛峯寺がある。だから、この山には一種独特の空気が流れている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  2. 2

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  3. 3

    スタイルはKoki,以上 静香の長女のフルート演奏を聴いた

  4. 4

    「コウキに付きっきり」ママ友が明かした工藤静香の“素顔”

  5. 5

    ラグビーW杯で日テレが高笑い 格安放映権で“濡れ手で粟”

  6. 6

    藤原紀香と“共演NG” 天海佑希以外にも挙がった女優の名前

  7. 7

    「紅白」紅組司会は綾瀬はるか…“本命”広瀬すず落選のナゼ

  8. 8

    土屋太鳳に吉岡里帆…“嫌われ者”は好かれる先輩に学ぶべし

  9. 9

    IOC“都排除”の札幌変更 小池知事は「酷暑対策」で信用失墜

  10. 10

    ジョセフHCは続投前向きも 日本8強入りで“三つ巴”争奪戦に

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る