田中淳夫
著者のコラム一覧
田中淳夫森林ジャーナリスト

1959年生まれ。静岡大探検部を卒業後、出版社、夕刊紙を経て森林ジャーナリストに。「森は怪しいワンダーランド」(新泉社)、「鹿と日本人 野生との共生1000年の知恵」(築地書館)など著書多数。

ジャングルの中に入ると緑一色 ミクロに見ると「面白い」

公開日: 更新日:

 木々の若葉がもえ出し、山々の風景も賑やかになってきた。そこで今回は、森歩き中級編として生き物観察を提案しよう。

 観察というと学問的なイメージが湧いて、おっくうになるかもしれない。しかし、生き物の知識は何も必要ない。要は森の細部に注目するだけだ。

 たとえば樹木の全体を見るだけではなく、幹の樹皮をじっくり見る。表面の凹凸に何があるか。葉も、形や葉脈を観察する。ときにヘンな模様を発見できるだろう。花の咲き方だってさまざま。また、足元に目を向けたら、草花やキノコが意外なほど多く生えている。キノコは秋でなくても、年中見かける。漫然と見ていては気づけないものを見つけると面白い。

 いきなり話を変えるが、私は子供の頃から熱帯雨林に憧れていた。大ジャングルに分け入り、壮大な景色を見たかった。そこで大学生のときにボルネオに出掛けた。ジャングルでは何に出合うか、発見するか、とワクワクしたのだが……がっかりした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    セイン・カミュは事務所独立問題がこじれ芸能界から消えた

  2. 2

    台風被害はそっちのけ…安倍自民“無能幹部”の呆れた実態

  3. 3

    “タブー”だった事務所移籍 安室奈美恵はなぜ成功したのか

  4. 4

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  5. 5

    森田健作知事 元タレントなのに災害対応で存在感ゼロの愚

  6. 6

    醜聞だらけ “火薬庫大臣”田中和徳の初入閣に地元もビックリ

  7. 7

    汚染処理水発言で物議 何でも屋は農業や社会保障も実績0

  8. 8

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  9. 9

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  10. 10

    7歳児が母の形見を紛失! テディベア捜索作戦の嬉しい結末

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る