今泉健司さん<5>介護という天職のおかげで心に余裕が

公開日: 更新日:

 介護の職場では、生活サポートはもちろん、レクリエーションも行った。施設の利用者と将棋を指したこともある。

「『ワシはアマチュア5段で、誰にも負けたことがないんじゃ』と自慢するおじいちゃんがいたんです。そこで、僕が相手をして5連勝したら、『わしゃ、こんなに負けたんは初めてじゃ~』って泣いちゃった。そのおじいちゃんは拒食症で、それまで食事を拒否して食べず、心配していたんですけど、翌日から『あいつに勝たないけん』といって食べ始めたんです」

 他の施設から声がかかり、利用者30人ほどを相手に多面指しで指導対局をしたこともあった。

「『勝った!』『負けた!』と喜んでもらえて楽しかった。こんなふうに僕の将棋の経験が役立つこともあるんだな、と気づかされました」

 26歳で最初に奨励会を退会した時、周りの人たちが「人生に無駄な経験はない」と言ってくれた言葉を実感した。しかし、楽しいことばかりではない。利用者の死に接することも少なくなく、人生観が大きく変わった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬さんの死と自身の不調

  2. 2

    竹内結子さん自死 芸能界「理想と現実」の乖離が背景に?

  3. 3

    三浦春馬さん、芦名星さん急死…共通点は酒量と「いい人」

  4. 4

    竹内結子さん急死に深まる“動機”のナゾ…前日は家族団らん

  5. 5

    中曽根元首相の葬儀に“血税1億円”投入こそ「悪しき前例」

  6. 6

    田村厚労相 ソフトな外っ面の裏に弱者切り捨ての“前科”

  7. 7

    正代初Vも「番付不在」と評論家苦言…白鵬は延命で高笑い

  8. 8

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  9. 9

    日本「GoTo」4事業なぜ強行?“第1波”対策失敗を専門家指摘

  10. 10

    竹内結子さん突然の訃報で「産後うつだったのか?」の声

もっと見る