小西美穂
著者のコラム一覧
小西美穂キャスター

1969年、兵庫県生まれ。92年、関西学院大文学部を卒業し読売テレビ入社。01年からロンドン特派員となり、06年に日本テレビ入社。報道キャスターとして討論番組の司会を数多く務める。現在、夕方の「news every.」キャスター。著書に「3秒で心をつかみ 10分で信頼させる 聞き方・話し方」「小西美穂の七転び八起き」がある。

<7>無意識に“腕組み”をしない 間違ったメッセージが伝わる

公開日: 更新日:

 ふだん、何げなくしている「腕組み」。クセになっていたら要注意です。なぜなら「相手に間違ったメッセージを伝えるジェスチャーの代表例」だからです。

 番組放送中、隣に座っている出演者が、私やゲストの話を腕組みしながら聞いていたことがありました。「何か困っているのかな」「ひょっとすると私の進行が間違っている?」などと、その人の心中が気になってそわそわしてしまい、いま取り上げている話題をどうしたらいいのか少し集中できなくなりました。

 放送の終了後、恐る恐る「どうしてあのときずっと腕を組んでいたのか、正直な気持ちを教えてほしい」と尋ねてみました。すると返ってきたのは意外な答えだったのです。

「次に何を質問しようか考えていただけ」

「え? それだけですか?」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山下智久が来月にも活動再開…怪しくなってきた海外の仕事

  2. 2

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  3. 3

    静かに確実に忍び寄る…「1999年 ITバブル崩壊」の再来

  4. 4

    宮内義彦のオリックスは「実は何か」が問われている

  5. 5

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  6. 6

    藤原紀香の評価に変化…夫・片岡愛之助の躍進が追い風に

  7. 7

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  8. 8

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  9. 9

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  10. 10

    ドラ1候補・明石商中森の母が明かす プロ志望表明の舞台裏

もっと見る