小西美穂
著者のコラム一覧
小西美穂キャスター

1969年、兵庫県生まれ。92年、関西学院大文学部を卒業し読売テレビ入社。01年からロンドン特派員となり、06年に日本テレビ入社。報道キャスターとして討論番組の司会を数多く務める。現在、夕方の「news every.」キャスター。著書に「3秒で心をつかみ 10分で信頼させる 聞き方・話し方」「小西美穂の七転び八起き」がある。

<7>無意識に“腕組み”をしない 間違ったメッセージが伝わる

公開日: 更新日:

 ふだん、何げなくしている「腕組み」。クセになっていたら要注意です。なぜなら「相手に間違ったメッセージを伝えるジェスチャーの代表例」だからです。

 番組放送中、隣に座っている出演者が、私やゲストの話を腕組みしながら聞いていたことがありました。「何か困っているのかな」「ひょっとすると私の進行が間違っている?」などと、その人の心中が気になってそわそわしてしまい、いま取り上げている話題をどうしたらいいのか少し集中できなくなりました。

 放送の終了後、恐る恐る「どうしてあのときずっと腕を組んでいたのか、正直な気持ちを教えてほしい」と尋ねてみました。すると返ってきたのは意外な答えだったのです。

「次に何を質問しようか考えていただけ」

「え? それだけですか?」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  2. 2

    ジャニーズ退所・錦戸亮の争奪戦に名乗りを上げた大手プロ

  3. 3

    「女子アナ好き」の性癖と合コン主催の太いタニマチ

  4. 4

    相葉が手紙朗読で早くも確約?「嵐」活動再開への温度差

  5. 5

    騒動から3年 いまだ地上波に復帰できない「のん」の現在地

  6. 6

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  7. 7

    日本会議系に統一教会系…安倍新内閣はまるで“カルト内閣”

  8. 8

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  9. 9

    1979年に渡辺プロを独立 森進一が受けた“森潰し”の圧力

  10. 10

    大停電は人災「無電柱化」頓挫の元凶は電力ムラの利権体質

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る