外務省YouTube ゴルゴ13が「俺の質問だけに答えろ」と恫喝

公開日: 更新日:

 前回、外務省はSNSの情報発信にあまり積極的ではないと書いたが、一部カルトの間で話題になったYouTubeの公式動画がある。

 昨年4月にスタートした「ゴルゴ13×外務省 海外安全対策マニュアル」だ。

 外務大臣は在外邦人の安全対策のためにデューク東郷(ゴルゴ13)に協力を要請。声の吹き替えは舘ひろしが務めている。

 簡単に言ってしまうと、海外安全情報のメール配信サービス「たびレジ」に登録させるための宣伝動画だ。

 ゴルゴ13は、旅行者、留学生、現地法人企業、居留者にいかに海外が“危険”であるかを知らしめる。もちろん、「用件を聞こうか」「俺の質問だけに答えろ」という決めゼリフもそのまま。

 ただ、「10%の才能と20%の努力、そして30%の臆病さ、残る40%は〇〇」というセリフは漫画では「運」とくるが、外務省の動画では「情報」となっている。

 舘ひろしの渋い声とは正反対で、外務大臣役の河野外相の棒読みセリフを聞くだけでも一見の価値あり。全13話で1話5~7分ほどだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  2. 2

    マツコ「ホンマでっか」降板 カネより義理、裏方との関係

  3. 3

    瀬戸大也がラブホ不倫…妻が本紙に語っていた献身ぶり

  4. 4

    原監督はG史上最多の1067勝 なぜ他からオファーがない?

  5. 5

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  6. 6

    ジャパンライフ詐欺は安倍‐菅案件 行政大甘対応の根源

  7. 7

    自民党総裁選 カッコ悪い大人たちにど汚いもの見せられた

  8. 8

    平沢復興相 前首相の私怨で冷遇…入閣に“故郷”は冷めた声

  9. 9

    瀬戸大也は「鋼のメンタル」ラブホ不倫で謝罪も“金”揺がず

  10. 10

    原監督の隣で評価上げる“参謀”巨人・元木ヘッドの万能ぶり

もっと見る