外務省YouTube ゴルゴ13が「俺の質問だけに答えろ」と恫喝

公開日: 更新日:

 前回、外務省はSNSの情報発信にあまり積極的ではないと書いたが、一部カルトの間で話題になったYouTubeの公式動画がある。

 昨年4月にスタートした「ゴルゴ13×外務省 海外安全対策マニュアル」だ。

 外務大臣は在外邦人の安全対策のためにデューク東郷(ゴルゴ13)に協力を要請。声の吹き替えは舘ひろしが務めている。

 簡単に言ってしまうと、海外安全情報のメール配信サービス「たびレジ」に登録させるための宣伝動画だ。

 ゴルゴ13は、旅行者、留学生、現地法人企業、居留者にいかに海外が“危険”であるかを知らしめる。もちろん、「用件を聞こうか」「俺の質問だけに答えろ」という決めゼリフもそのまま。

 ただ、「10%の才能と20%の努力、そして30%の臆病さ、残る40%は〇〇」というセリフは漫画では「運」とくるが、外務省の動画では「情報」となっている。

 舘ひろしの渋い声とは正反対で、外務大臣役の河野外相の棒読みセリフを聞くだけでも一見の価値あり。全13話で1話5~7分ほどだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  2. 2

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  3. 3

    「女子アナ好き」の性癖と合コン主催の太いタニマチ

  4. 4

    ジャニーズ退所・錦戸亮の争奪戦に名乗りを上げた大手プロ

  5. 5

    騒動から3年 いまだ地上波に復帰できない「のん」の現在地

  6. 6

    ミスコン女王にも冷ややかな目…土屋炎伽を待つ不穏な未来

  7. 7

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  8. 8

    相葉が手紙朗読で早くも確約?「嵐」活動再開への温度差

  9. 9

    日本会議系に統一教会系…安倍新内閣はまるで“カルト内閣”

  10. 10

    1979年に渡辺プロを独立 森進一が受けた“森潰し”の圧力

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る