恐怖のPTA<下>旧態依然の組織を改革 会長が行ったことは?

公開日: 更新日:

 共働き世帯が1129万世帯なのに対し、専業主婦世帯は664万世帯(2016年現在)。ひとり親家庭や外国籍家庭の増加など、PTA活動が形作られた昭和中期とは、家庭や地域の実情、社会的背景も大きく様相を異にする。

「PTA不要論」の著書がある、ノンフィクション作家の黒川祥子氏は言う。

「下町の商店街では、商店や自営業の人たちがPTA活動を支えていましたが、代替わりしてフランチャイズになり、サラリーマンと同じ勤務体系になっています。新住民は住宅ローンを抱えているので、共働きをしないといけない。以前のようにPTAを担える人がいなくなっています」

 強制的に受け継がされるPTAだが、もはやいつまでも前例踏襲を強制している場合ではないのだ。黒川氏は、実際にPTAを改革した会長に取材をしたことがある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  4. 4

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  5. 5

    性急すぎる菅政権 福島原発処理水「海洋放出」決定の大罪

  6. 6

    理想の花嫁・竹下景子に交際疑惑 男がマンションに入り…

  7. 7

    近大・佐藤は抽選確実 クジ運ない巨人が選んだ“外れ1位”は

  8. 8

    菅政権が「年末年始17連休」正月休み拡大をブチ上げた狙い

  9. 9

    東海大野球部“薬物汚染”でドラフト大混乱「指名できない」

  10. 10

    小出恵介も涙…“しくじり芸能人”救う明石家さんまの名言

もっと見る