恐怖のPTA<上>軟禁状態で役員決定 “拷問”から逃げられる?

公開日: 更新日:

「これからPTAの役員決めを行います。決まるまで誰も帰れません」

 新年度、多くの母親たちが戦々恐々と身構えるもの、それが年度初めの保護者会だ。PTAの役員決めが行われるわけだが、今や、異様な体をなしている。

 本部役員3人が教室に入るや、前と後ろの入り口に1人ずつ立ち、担任がさっと明け渡した教壇に立った1人が冒頭のように宣言。続けて、「フルタイム勤務、ひとり親、乳児の養育中、介護中など、それぞれの事情は一切考慮しません。誰もが平等にやってもらうのが原則です」。軟禁状態にされての強制的指名役員決め。これが密かに、「恐怖の保護者会」と呼ばれるゆえんだ。

 さまざまな母親たちを取材し、昨年5月、「PTA不要論」を出版した、ノンフィクション作家の黒川祥子氏は、自身も2人の子供を持ち、PTA役員の経験がある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    給付金に文句の麻生氏“10万円超”飲食73回の異常な金銭感覚

  2. 2

    土屋太鳳がまた…桜田通との抱擁撮でさらに女性を敵に回す

  3. 3

    近大・佐藤1位指名も阪神育成ベタ…よぎる“藤浪の二の舞”

  4. 4

    菅首相が所信表明で言い間違い連発…予算委“火だるま”必至

  5. 5

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  6. 6

    安倍前首相ファクト発言にツッコミ殺到「おまえが言うか」

  7. 7

    日本列島を襲うコロナ秋の第3波 感染拡大の危険な22道府県

  8. 8

    田澤指名漏れの衝撃…背景に米国も呆れたNPBの“島国根性”

  9. 9

    GoToトラベル「制度改悪」笑い止まらないのは旅行大手だけ

  10. 10

    今年のドラフトは“戦略ダダ漏れ”「個室指名」の意外な盲点

もっと見る