減益ラッシュの証券業界「野村」×「SBI」社員待遇を比較

公開日: 更新日:

 平均年収ランキングでは必ず上位に顔を出す証券業界。今回の損得は時価総額国内トップの「野村ホールディングス」と同3位の「SBIホールディングス」の社員待遇を比較します。

 野村HDは1925年、大阪で創業。現在は東京・日本橋に本社を置く投資銀行・証券持ち株会社です。2001年に持ち株会社に移行し、子会社に野村証券、野村アセットマネジメントなどがあります。

 対するSBIホールディングスは1999年に創業。SBI証券や住信SBIネット銀行などをグループに持つ金融サービス会社です。06年にソフトバンクグループから独立し、現在はベンチャーへの投資を行うアセットマネジメント事業も有名です。

 前期の連結売上高は、野村が1兆8351億円で、SBIが3514億円。ただ、野村は10年ぶりの赤字となる1004億円の当期赤字で、店舗2割削減を発表しました。証券業界が軒並み減益を強いられる中、SBIは59億円増の525億円の黒字と気を吐きます。会社規模では野村、成長性ではSBIが勝っています。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台風19号で断水 町の自衛隊給水支援に神奈川県が“待った”

  2. 2

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

  3. 3

    金丸信吾氏「拉致問題解決は国交正常化こそが一番の近道」

  4. 4

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  5. 5

    パCSファイナルで激突 西武とソフトBはFA戦線でも暗闘

  6. 6

    巨人にやっと1勝…阪神には落合博満のような“劇薬”が必要

  7. 7

    複数球団が熱視線 ソフトB福田がオフFA最大の目玉は本当か

  8. 8

    坂本の腰痛不安で続く遊撃探し 巨人“外れドラ1”候補の名前

  9. 9

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  10. 10

    予算委で露呈 想像を超えるオンポロ内閣、チンピラ答弁

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る