西谷綾子
著者のコラム一覧
西谷綾子

1986年、鳥取県生まれ。趣味は「体を動かすこと」。2016年、東京マラソンで3時間1分32秒の自己ベスト。特技はバスケットボール(インターハイ3年連続出場)。ジュニアアスリートフードマイスター。睡眠改善インストラクター。

茶ー民(豊橋)梅雨の食欲減退時には塩麹で免疫力アップ

公開日: 更新日:

 今月2日に愛知・豊川市で行われた「豊川リレーマラソン」にゲストランナーとして参加させていただきました。

 リレーマラソンって聞いたことありますか?

 豊川では「4人以上~10人以下のチーム」がタスキをつなぎながらフルマラソンと同じ42.195キロを走る競技です。チーム編成は職場仲間、友人同士、家族、親戚……。“ガチ走り”で記録を狙うチームもあれば、気心の知れた者同士でフルマラソン気分に浸りたいというチームまで……ホントいろいろなんです。でも、すべてのチームに<共通の喜び>があるのです!

 それは、走っている最中に「苦しい」と思っても<大切な仲間が待っていてくれる>と思うだけで力がみなぎり、ゴールまで走り切れる――というものです。走れば走るほど仲間との絆が深まっていき、充実した時間はそのまま明日への活力となります。ひとりで自分のペースを保ちながらのRUNもいいですが、チャンスがあったらリレーマラソン、ぜひ参加してみてくださいね。ワタシも相談に乗りますよ!

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ナゾの男が骨董店で中古ピアノを演奏…話は意外な展開に!

  2. 2

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  3. 3

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  4. 4

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  5. 5

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  6. 6

    11点差の負け試合に野手登板 G原采配「最善策」の違和感

  7. 7

    巨人の快進撃を支える「神走塁」 地味ながら凄い3人の正体

  8. 8

    ドラマで描かれないシーン 古関裕而は無類の愛煙家だった

  9. 9

    先の大戦と酷似 デマと精神論が蔓延するコロナ禍ニッポン

  10. 10

    裕次郎さんの自宅から遺跡が…本人と石原プロ社員の神対応

もっと見る