最初に覚えた漢字は「豚」国際化を目指すなら食べ物から

公開日: 更新日:

リティカさん(インド出身)<1>

 日本へやって来たのは13歳の頃です。苦労したのは言葉と食べ物ですね。言葉は、テレビで毎日、「金八先生」を見ながら日本語を覚えました。同じ世代の学生が出演していたから親しみやすくて、録画をしては何度も何度も繰り返し見ました。そしたら、最初はちんぷんかんぷんだった日本語が何となく分かってきました。でも、コンビニに行ったり電車に乗ると、まったく言葉が聞き取れない。

 インド人は主に英語ですが、18年前の日本の駅の掲示板や電車のアナウンスは日本語だけで、英語案内がなかった。スマホもない。だから電車に乗ったら、目的の駅に着くまで生きた心地がしませんでした。今は英語も中国語も書いてあって、日本はすごく親切な国になりましたね。

 日本の難しい漢字で最初に覚えたのは「豚」の字です。そう、私はイスラム教なので、豚を食べてはいけない。日本の食べ物を買ってくると、裏のラベルを見て、原材料名の箇所に「豚」の字があるかないか確認しました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    引退も覚悟? 小倉優香ラジオ降板テロの裏に年収1億円彼氏

  2. 2

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  3. 3

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  4. 4

    昭恵夫人 居酒屋は小池号令厳守も“闇紳士”逮捕で疑惑再燃

  5. 5

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  6. 6

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  7. 7

    夫の定年後に妻の外出が増加 交際費と被服費が家計を圧迫

  8. 8

    吉村知事の危うい“人体実験” うがい薬騒動に専門家も警鐘

  9. 9

    海老蔵「ひどくないですか」コロナ補償直訴で松竹と確執か

  10. 10

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

もっと見る