菊池良さんはすべての芥川賞作品を読むためにヤフーを退職

公開日: 更新日:

 2014年に大学生だった菊池良さん(31)は、逆リクルートサイト「世界一即戦力な男・菊池良から新卒採用担当のキミへ」を立ち上げて、応募してきた企業から“採用”したWEB制作会社に就職した。これが話題になって書籍、WEBドラマ化された。その後、ヤフージャパンに転職したが、昨年、芥川賞全作品を読むために退社している。

 ◇  ◇  ◇

「ある時、芥川賞の過去の受賞者169人分180冊をぜんぶ読むのは大変そうだからやってみようと思いついて、WEBメディアの編集者に提案したんです。それで連載が始まって、そこから書籍の話が来ました。あれよあれよと、出版社とスケジュールが決まって……。『辞めるきっかけが来たな』と思ったから、部署を異動したばかりだったので申し訳なかったのですが、企画が決まった翌週には辞表を出しました。この1年かけて全作品を読んだんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  2. 2

    さんまもサジ投げた?宮迫博之“なんちゃって懺悔録”の軽薄

  3. 3

    渋野日向子フィーバーが覆い隠す女子プロ協会のゴタゴタ

  4. 4

    目玉は嵐だけ…“やめ時”を逸した24時間テレビの時代錯誤

  5. 5

    渋野マネジメント会社決定で気になる大型契約と来季主戦場

  6. 6

    連日過熱報道でついに悲鳴…渋野日向子が“国外逃亡”する日

  7. 7

    日テレ24時間マラソン 走者がポッチャリ女芸人偏重の事情

  8. 8

    新契約と副収入で稼ぎ破格 渋野日向子メジャー制覇の値段

  9. 9

    F35とは“別腹” F2後継ステルス機国産化で防衛費は青天井

  10. 10

    渋野日向子フィーバーの裏で“渋い顔” 大会運営はツラいよ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る