曽我和弘
著者のコラム一覧
曽我和弘

大学卒業後、ゴルフ雑誌や米国医学雑誌の編集を経て、あまから手帖社に入社。一貫して雑誌畑を歩む。99年にクリエイターズ・ファクトリーを設立。食分野を中心に取材・執筆のほか、食文化の継承や食の流行を作ったりと多方面で活躍。JR大阪駅構内などの飲食店もプロデュース。駅ナカビジネスの仕掛け人とも呼ばれる。現在は大阪樟蔭女子大で講師も務め、関西食文化研究会座長でもある。

マルホ酒店なんばスカイオ店(難波)クラフトビールが豊富

公開日: 更新日:

 大阪・九条の老舗酒販店「マルホ酒店」が、繁華街・難波に飲食店を初出店している。南海なんば駅直結・なんばスカイオ5階にあるイタダキマスフードホール内の店がそれで、ここでは54種にものぼるクラフトビールが味わえる。

「マルホ酒店」というと、明治末期に波々伯部治朗助さんが丹波より出て来て始めた酒屋で、歴史を有すうえに、流行する前からクラフトビールに着目してそろえたことでも知られている。

 店主・波々伯部広章さんは「蔵元を歩いて数千種体験した結果が今に至っています」と言い、少量生産で個性の異なるクラフトビールに引かれたようだ。本店での品ぞろえは300種以上とされ、日本でも指折りの存在となっているそう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相また疑惑 18年「桜を見る会」で総裁3選“支持固め”

  2. 2

    亡き“パパ”の古い携帯番号に4年間報告し続けたら返信が!

  3. 3

    嵐・二宮和也 “匂わせ彼女”伊藤綾子と入籍した男の決断

  4. 4

    1位は矢沢永吉の7万円 芸能人ディナーショー戦線異状アリ

  5. 5

    優樹菜脱落…新ママタレ戦線のダークホースは“無臭”コンビ

  6. 6

    完全アウトな国家の私物化 安倍政権は桜を見る会で詰んだ

  7. 7

    「ママがキスをせず出かけた!」2歳児の抗議が可愛すぎる

  8. 8

    露骨な隠蔽工作発覚「桜を見る会」名簿廃棄は国会追及直前

  9. 9

    元ヤン公表が裏目…木下優樹菜は“現役ヤンキー”発覚で窮地

  10. 10

    「G線上のあなたと私」の “口角上げ”松下由樹は経験の賜物

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る