曽我和弘
著者のコラム一覧
曽我和弘

大学卒業後、ゴルフ雑誌や米国医学雑誌の編集を経て、あまから手帖社に入社。一貫して雑誌畑を歩む。99年にクリエイターズ・ファクトリーを設立。食分野を中心に取材・執筆のほか、食文化の継承や食の流行を作ったりと多方面で活躍。JR大阪駅構内などの飲食店もプロデュース。駅ナカビジネスの仕掛け人とも呼ばれる。現在は大阪樟蔭女子大で講師も務め、関西食文化研究会座長でもある。

紀州麺処 誉(和歌山)意外性がSNSで大ウケのラーメン屋

公開日: 更新日:

 外観と内装は割烹風。料理人は白衣で給仕は着物とくれば、誰しも日本料理店と見まがうはず。ところがジャンルはラーメン屋なのだ。

 和歌山市内西ノ店にある「誉」は、そんな意外性がウケてSNSで広まった人気店。店主・奥畑公康さんがこの場所でラーメン店を企画した時に、「後発で和歌山ラーメンを出しても行列ができない」と料理長の濱慶太郎さんが進言し、今のようなスタイルの店ができあがった。雰囲気も和なら、やはりラーメンも和風仕様。俗にいう豚骨醤油の和歌山ラーメンとは掛け離れたものを出している。

 人気の真鯛の塩ラーメン(880円)は、昆布・煮干し・干しシイタケでとったダシで鯛のアラを炊いて作る。下津の養殖場から鯛の頭と中骨を仕入れて作るこだわりよう。濱さんに聞くと「それだけだと、そばのダシのようになりかねないので鶏の香味油を用いてラーメンらしいパンチ力をスープにつける」そうだ。塩味がベースのスープは、あっさりめ。生麩、鶏チャーシュー、あられ、細メンマ、小海老などを具材にして上品な味にしている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    亡き“パパ”の古い携帯番号に4年間報告し続けたら返信が!

  2. 2

    安倍首相また疑惑 18年「桜を見る会」で総裁3選“支持固め”

  3. 3

    嵐・二宮和也 “匂わせ彼女”伊藤綾子と入籍した男の決断

  4. 4

    1位は矢沢永吉の7万円 芸能人ディナーショー戦線異状アリ

  5. 5

    「ママがキスをせず出かけた!」2歳児の抗議が可愛すぎる

  6. 6

    優樹菜脱落…新ママタレ戦線のダークホースは“無臭”コンビ

  7. 7

    完全アウトな国家の私物化 安倍政権は桜を見る会で詰んだ

  8. 8

    元ヤン公表が裏目…木下優樹菜は“現役ヤンキー”発覚で窮地

  9. 9

    露骨な隠蔽工作発覚「桜を見る会」名簿廃棄は国会追及直前

  10. 10

    難病の息子を生んだ母親に…ウーバー運転手の思いやりに涙

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る