曽我和弘
著者のコラム一覧
曽我和弘

大学卒業後、ゴルフ雑誌や米国医学雑誌の編集を経て、あまから手帖社に入社。一貫して雑誌畑を歩む。99年にクリエイターズ・ファクトリーを設立。食分野を中心に取材・執筆のほか、食文化の継承や食の流行を作ったりと多方面で活躍。JR大阪駅構内などの飲食店もプロデュース。駅ナカビジネスの仕掛け人とも呼ばれる。現在は大阪樟蔭女子大で講師も務め、関西食文化研究会座長でもある。

ヤドカリー(天満橋)新名物は本格辛口シビレまぐろカレー

公開日: 更新日:

 今、大阪はカレーブームに沸いている。スパイスカレーの店が至る所に出来ており、百貨店でもそれをテーマにした催しを行うくらいだ。天満橋にある「ヤドカリー」は、スパイスカレーブームに火をつけた店の一つ。店主・山本美和さんが小麦粉やバターを使用せず、スパイスを駆使しながらカレーを研究したいと、辛さのある牛すじヤドカリー(850円)を作った。

「うちのカレーはけっこう辛めです。中辛でも他店の辛口ぐらいのレベルです」

 そんなスパイスカレーから新たに名物商品シビレまぐろカレー(800円)が誕生した。きっかけはマグロ専門店と知己を得たことによる。マグロのすじ肉は、飲食店では使いづらい部位で、専門店で角煮にするのが関の山らしい。それを用いて作ったのが同商品で、山本さんいわく、「すじ肉だと牛肉のようにゴロッと塊で使えます。他の部位はツナのようにポソポソになってしまうのでカレーの具材には不向きでした」。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゴタゴタ続き…阪神低迷の“A級戦犯”フロントが抱える問題

  2. 2

    埼玉大・高端准教授が警鐘「自助、共助」を強調する危うさ

  3. 3

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  4. 4

    菅新内閣の不真面目3閣僚 デジタル担当相はワニ動画で物議

  5. 5

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  6. 6

    ドラ1候補・明石商中森の母が明かす プロ志望表明の舞台裏

  7. 7

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  8. 8

    優香に女優復帰待望論 衰えぬ美貌で深キョンもタジタジ?

  9. 9

    松田聖子40周年で根性のフル回転…唯我独尊貫くエピソード

  10. 10

    菅内閣“ご祝儀報道”の裏で着々…真の肝入りは法務と警察

もっと見る