曽我和弘
著者のコラム一覧
曽我和弘

大学卒業後、ゴルフ雑誌や米国医学雑誌の編集を経て、あまから手帖社に入社。一貫して雑誌畑を歩む。99年にクリエイターズ・ファクトリーを設立。食分野を中心に取材・執筆のほか、食文化の継承や食の流行を作ったりと多方面で活躍。JR大阪駅構内などの飲食店もプロデュース。駅ナカビジネスの仕掛け人とも呼ばれる。現在は大阪樟蔭女子大で講師も務め、関西食文化研究会座長でもある。

ヤドカリー(天満橋)新名物は本格辛口シビレまぐろカレー

公開日: 更新日:

 今、大阪はカレーブームに沸いている。スパイスカレーの店が至る所に出来ており、百貨店でもそれをテーマにした催しを行うくらいだ。天満橋にある「ヤドカリー」は、スパイスカレーブームに火をつけた店の一つ。店主・山本美和さんが小麦粉やバターを使用せず、スパイスを駆使しながらカレーを研究したいと、辛さのある牛すじヤドカリー(850円)を作った。

「うちのカレーはけっこう辛めです。中辛でも他店の辛口ぐらいのレベルです」

 そんなスパイスカレーから新たに名物商品シビレまぐろカレー(800円)が誕生した。きっかけはマグロ専門店と知己を得たことによる。マグロのすじ肉は、飲食店では使いづらい部位で、専門店で角煮にするのが関の山らしい。それを用いて作ったのが同商品で、山本さんいわく、「すじ肉だと牛肉のようにゴロッと塊で使えます。他の部位はツナのようにポソポソになってしまうのでカレーの具材には不向きでした」。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  2. 2

    相場低迷でウマ味 三菱UFJの配当金は普通預金利息の5000倍

  3. 3

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  4. 4

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  5. 5

    ロンブー淳が明かす「山本太郎に口説かれたこともある」

  6. 6

    タレント松尾伴内さんの念願はNY生活 28歳の頃からの憧れ

  7. 7

    北朝鮮ミサイル発射を傍観するトランプ大統領“本当の狙い”

  8. 8

    元巨人・二岡智宏さんは独立L富山の監督で優勝を目指す

  9. 9

    靖国参拝で改めて認識 進次郎氏の軽薄さとメディアの劣化

  10. 10

    令和元年も渦巻く欲望…夏の甲子園“ネット裏怪情報”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る