曽我和弘
著者のコラム一覧
曽我和弘

大学卒業後、ゴルフ雑誌や米国医学雑誌の編集を経て、あまから手帖社に入社。一貫して雑誌畑を歩む。99年にクリエイターズ・ファクトリーを設立。食分野を中心に取材・執筆のほか、食文化の継承や食の流行を作ったりと多方面で活躍。JR大阪駅構内などの飲食店もプロデュース。駅ナカビジネスの仕掛け人とも呼ばれる。現在は大阪樟蔭女子大で講師も務め、関西食文化研究会座長でもある。

日本料理 湯木新店(北新地)ノンアルコールでペアリング

公開日: 更新日:

 最近ペアリングなる言葉をよく耳にするようになった。食に関して使うのなら酒と料理のマッチングを指し、特にワインはわかりづらいから店側があらかじめ料理に合わせてくれると助かるのだという。

 これをノンアルコールで成立させようとの試みが、北新地の日本料理店「湯木新店」で5月11日に行われた。「春のミニ懐石とドリンクのペアリング」と題した食事会がそれで、「湯木」の懐石料理一品一品にドリンクコーディネーターの藤田一香さんが酒ではなく、ノンアルコールの飲物をうまく合わせて好評を博したようだ。

 主催者の湯木尚二さんは、それに気をよくして、秋の9月28日と来年1月25日にも同様のイベントを開きたいと言っているし、普段でも藤田さんが見つけてきた南大隅の国産紅茶べにふうき(500円)を提供しながら料理との相性を探っていくそうだ。ちなみに5月11日の食事会では、八寸には小豆島シロップ漬けのレモンソーダ、造りには辺塚だいだいのフローズンドリンク、炊き合わせには紅茶べにふうきを藤田さんが合わせていた。藤田さんの話では「べにふうきは、一般的な紅茶と比べるとコクや香りが強い。治部煮の醤油味に負けない力があって料理のうまさも引き立ててくれる」とのことだった。ダージリンより力強い希有な国産紅茶が、煮込んだ食材にうまく調味するのだそう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    囁かれる長澤まさみの「マスカレード」続編降板説 2作で興収100億円突破もキムタクが苦手?

    囁かれる長澤まさみの「マスカレード」続編降板説 2作で興収100億円突破もキムタクが苦手?

  2. 2
    元迷惑YouTuberへずまりゅう氏 刑事裁判控訴中なのに選挙に出られるのはなぜ?

    元迷惑YouTuberへずまりゅう氏 刑事裁判控訴中なのに選挙に出られるのはなぜ?

  3. 3
    ワクチン接種と未接種で永遠の別れに…パートナーを失った米国女性の無念

    ワクチン接種と未接種で永遠の別れに…パートナーを失った米国女性の無念

  4. 4
    iPhone13は高嶺の花すぎる…“型落ち”を狙うなら何がオススメ?

    iPhone13は高嶺の花すぎる…“型落ち”を狙うなら何がオススメ?

  5. 5
    眞子さまが「小室圭さんの夫人」になる天皇家はこれからどうなるのか

    眞子さまが「小室圭さんの夫人」になる天皇家はこれからどうなるのか

もっと見る

  1. 6
    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 7
    安住紳一郎アナ投入でトップ奪取を狙うTBS 標的はNHK「おはよう日本」の桑子真帆アナ

    安住紳一郎アナ投入でトップ奪取を狙うTBS 標的はNHK「おはよう日本」の桑子真帆アナ

  3. 8
    大阪3歳児殺害 23歳同居男による残虐極まりない行為と母親の“洗脳”

    大阪3歳児殺害 23歳同居男による残虐極まりない行為と母親の“洗脳”

  4. 9
    緊急事態宣言解除されても…個人営業の飲食店は「リベンジ消費」が怖い?

    緊急事態宣言解除されても…個人営業の飲食店は「リベンジ消費」が怖い?

  5. 10
    フジテレビが報じた小室圭さん“ちょんまげ”スクープ撮を憂う(成城大学教授・森暢平)

    フジテレビが報じた小室圭さん“ちょんまげ”スクープ撮を憂う(成城大学教授・森暢平)