曽我和弘
著者のコラム一覧
曽我和弘

大学卒業後、ゴルフ雑誌や米国医学雑誌の編集を経て、あまから手帖社に入社。一貫して雑誌畑を歩む。99年にクリエイターズ・ファクトリーを設立。食分野を中心に取材・執筆のほか、食文化の継承や食の流行を作ったりと多方面で活躍。JR大阪駅構内などの飲食店もプロデュース。駅ナカビジネスの仕掛け人とも呼ばれる。現在は大阪樟蔭女子大で講師も務め、関西食文化研究会座長でもある。

マルホ酒店なんばスカイオ店(難波)クラフトビールが豊富

公開日: 更新日:

 なんばスカイオの店では、瓶売りよりも19のサーバーから注がれるクラフトビールの生ビールが売りになっている。中でもミックスジュースセゾン(150ミリリットル500円~)は、この店をオープンするにあたって造ったオリジナル。山梨のブルワリー・ファーイストと「マルホ酒店」がコラボしたもの。

 フードホール広報の平島佳世子さんは「大人のためのミックスジュースです」と表現する。5種類のフルーツとホップ、酵母の織り成す複雑なアロマが特徴的で、苦味がなくフルーティーな味わい。アルコール7%と高めだが、飲みやすくて、ビール通でも苦手な人でも好む味だとか。

 同店では、珍しく落花生の食べ比べができるメニューもある。この日出たのは、千葉県産の中手豊と半立。柔らかさや香ばしさが異なるのでなかなか面白く、クラフトビールのアテにちょうどいい。クラフトビールは種類によって150ミリリットル500円~のものと600円~のものがある。

(住)大阪市中央区難波5―1―60 なんばスカイオ5階
(℡)06・6631・2300
(営)11~23時(日曜日は~21時30分)。年中無休

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    出川哲朗は枕営業騒動で一番深手…“救いの手”はあるのか

  2. 2

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  3. 3

    小室圭さん400万円で破談寸前に 初動ミスを招いたプライド

  4. 4

    だから宮迫博之は嫌われる ボートレース広告ギャラで悶着

  5. 5

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  6. 6

    ローン3億6千万円…海老蔵は麻央さんと思い出の豪邸売却へ

  7. 7

    1万ドル拾った米国男性が落とし主から受け取った謝礼は…

  8. 8

    G丸が補欠危機 熾烈な外野手争いと打率低迷で安泰にあらず

  9. 9

    二階発言が口火になるか…外堀が埋まりつつある“五輪中止”

  10. 10

    「バッハさん東京に来ないで!」小池知事が白旗を上げる日

もっと見る