【土用丑の日】庶民派対談「2000円台でなんとか食べたい」

公開日: 更新日:

 7月27日は土用丑の日。そこで鰻重好き記者二人で庶民による庶民のための鰻重について対談をすることにした。鰻重が高騰し続ける中、庶民はいつまで鰻屋さんで鰻重を食べることができるのか。

■鰻供給量はピークの3分の1

H 最近、さっぱり鰻食べなくなったよね。
I いきなり「ウナギ食べない話」ですか。
H 食べたいんだけど、高すぎて食べる回数が激減した。鰻重の梅ですら3000円台、4000円台の鰻屋がざらになっちゃって、しかもどの店も行くたびに値段が上がっている。神保町に「I」ってお昼しかやっていない渋い一軒屋の老舗があるんだけど、ここは鰻重しかメニューになく、しかも松竹梅もなく、ご飯を大盛りにするかどうかの選択肢しかない。
I スティーブ・ジョブズばりのミニマムさだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

  2. 2

    愛犬が天国に行けるよう頼んだ手紙に…神さまから返事が!

  3. 3

    本田翼は“残念な女優”なのに…視聴率は稼げる意外なワケ

  4. 4

    橋下徹元大阪市長の発言が物議 身近に潜む“差別治水”の闇

  5. 5

    2000万円の退職金が半分以下に減ってしまい家計が苦しい

  6. 6

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

  7. 7

    「ママがキスをせず出かけた!」2歳児の抗議が可愛すぎる

  8. 8

    ぐずる赤ん坊と警察官…ほのぼの写真が全米に拡散したワケ

  9. 9

    竹田恒泰氏「天皇は親戚」発言をこのまま許していいのか?

  10. 10

    生田斗真も結婚近い? 交際4年・清野菜名の舞台を2度観劇

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る