【豚焼きしゃぶ】ポイントは“炒めないこと”

公開日: 更新日:

銀座魚勝(東京・銀座)

 豚バラ肉のジューシーな軟らかさに驚かされる。いったい、どうすれば?

「ポイントは“炒めないこと”です」と柳橋さん。そこが「焼きしゃぶ」たるゆえん。フライパンの余熱で調理していくから、繊維が縮まらず、肉も硬くならないのだ。片面がピンク色に変わったらすぐに裏返し、両面が色づいたらすぐに甘辛いタレを絡める。ここは手際良くこなそう。

 タレ作りが面倒であれば市販のめんつゆで代用も可能。サラダ油を少し加えるとコクが出るという。そのままでもうまいし、温泉卵を崩しながら食べ進めるのも楽しい。モヤシの甘味とシャキシャキとした食感もいいアクセントになる。ボリュームたっぷりで、ガツンと腹にたまる一品だ。

 この「豚」に合わせる酒は、和歌山「黒牛」の辛口純米。無ろ過の生原酒なら、味の濃い料理にも負けない。生ならではの爽快感も楽しめる。夜が長くなりそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  2. 2

    相場低迷でウマ味 三菱UFJの配当金は普通預金利息の5000倍

  3. 3

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  4. 4

    ロンブー淳が明かす「山本太郎に口説かれたこともある」

  5. 5

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  6. 6

    令和元年も渦巻く欲望…夏の甲子園“ネット裏怪情報”

  7. 7

    元ワンギャル須之内美帆子さんがマレーシアに移住したワケ

  8. 8

    加藤浩次「スッキリ」3月に自主降板か MC後任に山里亮太説

  9. 9

    タレント松尾伴内さんの念願はNY生活 28歳の頃からの憧れ

  10. 10

    文春砲で改名を余儀なくされた元・羽生ゆずれないさんは今

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る