青豆に茶豆に黒豆…500種近くある夏の“名脇役”枝豆大研究

公開日: 更新日:

 暑いと、よりおいしく感じる枝豆。サラリーマンには身近な存在だが、果たして枝豆のことをどれだけ知っているだろうか? 東武百貨店池袋店地下2階の青果売り場「九州屋」の店長・森清隆さんにアレコレ聞いてみた。

「枝豆は大きく分けると、関東に多い青豆、東北に多い茶豆、関西に多い黒豆の3種類。それぞれ品種改良で枝分かれしており、トータルでは現在500種類近くあるとされています」

 味が濃くて風味が良いのは山形の「だだちゃ豆」や新潟の「黒埼茶豆」などの茶豆。しかし、粒が小さく、一鞘に2粒しかつかない。一方、風味はやや落ちるが、一鞘に3粒など実のつきが良いのが群馬の「天狗印」に代表される青豆。そこで、両者をかけ合わせ、いいとこ取りをした「茶豆風味」といわれる品種が近ごろの売れ筋だという。関東や東北で幅広く栽培されている「湯上がり娘」などがそれ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    新しい地図&石橋貴明「低視聴率組」にテレビマン戦々恐々

  2. 2

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  3. 3

    菅首相の“オトモダチ”に「公有地払い下げ」の異様な経緯

  4. 4

    元SMAP「新しい地図」が今もテレビに登場しない本当の理由

  5. 5

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  6. 6

    伊藤容疑者ひき逃げ逮捕で“俳優生命”の危機…映画界パニック

  7. 7

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  8. 8

    コロナ支援金が次々と期限…迫る倒産・閉店・失業ラッシュ

  9. 9

    案里被告を保釈して大丈夫なのか…過去に全裸や救急搬送も

  10. 10

    DeNA梶谷が逆転満塁弾 FA“隠れ1番人気”巨人に猛アピールか

もっと見る