【ミニトマトのナムル】「野の国」の恵みを実感する一品

公開日: 更新日:

焼肉 炭聖(東京・谷中)

 許さんによれば、朝鮮料理でお馴染みのナムルの語源は、「野(ナ)の国の物(ムル)」だという。おいしい野菜に軽く味付けをし、大地の恵みをそのまま味わうのだ。

 それを、実感できるのが今回の一品。程よく酸味の効いた漬けダレが、トマト本来の甘味を引き立てる。同行したカメラマンは、ジュワッと口いっぱいに広がるうま味のジュースに、無言で目を見開いていた。みじん切りにしたタマネギもいいアクセントになっている。

「漬けダレを沸かす際、鍋肌がフツフツしてきたタイミングで火からおろしてください。ポイントはそれだけ。熱し過ぎるとお酢の酸味が飛んでしまい、トマトの甘味が引き立ちません」

 冷たい白ワインに合わせれば、アナタもきっと目を見開くはずである。

《材料》 
・ミニトマト 1パック

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  2. 2

    “タブー”だった事務所移籍 安室奈美恵はなぜ成功したのか

  3. 3

    大野智は謝罪…新生ジャニーズはタレントの恋愛問題にどう対応

  4. 4

    1ドル130円の円安地獄がまねく狂乱物価で庶民の懐は火の車

  5. 5

    あざとい“方言パフォーマンス”に透けて見える自信のなさ

  6. 6

    「出欠の返事ない人は椅子と食事持参で」の招待状が大ウケ

  7. 7

    東京五輪男子マラソン“第3の男” 大迫と設楽は今後どう動く

  8. 8

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  9. 9

    東京五輪マラソン“最後の1枠”を決めるMGCはこんなに不公平

  10. 10

    二宮は3億円豪邸で事実婚 ジャニーズ“結婚ラッシュ”突入か

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る