嘉門タツオ
著者のコラム一覧
嘉門タツオシンガーソングライター

▽1959年3月、大阪・茨木市生まれ。高校在学中に笑福亭鶴光師匠に入門(後に破門)、ギター片手にライブ活動を始め、83年「ヤンキーの兄ちゃんのうた」でデビュー。「鼻から牛乳」「替え唄メドレーシリーズ」などヒット曲多数。33枚目のアルバム「HEY!浄土~生きてるうちが花なんだぜ~」発売中。食べログの「グルメ著名人」のコーナーが人気。年末年始に大阪・東京・名古屋でツアーを行う。

「レストランキノシタ」同い年のシェフの向上心に共感

公開日: 更新日:

 僕は今年還暦を迎えたが、意外と同い年の料理人と出会う機会は少ない。レストランキノシタの木下和彦さんは同学年。体格が良く、コワモテの風貌だ。力強いが、繊細で、木下さんいわく、根性の入った味を求めて大勢の人が詰めかける。

 この世界に入ったのは遅くて、30歳目前だった。20代の頃は自分で料理を作るという考えはまだなく、そろそろ進路を定めなければと思い、最初はなんとなくカッコいいしモテるかもという安易な考えでフランス料理店の門を叩いた。新人だが、働いている若手の中では一番年上で皿拭きや掃除からのスタートだった。見た目がイカツイのでパワハラは受けなかったそうだ。

 5年間の修業を経て洋食屋の雇われシェフに起用された。本来はフレンチをやりたいので、メニューからライスやパスタをなくして、自ら魚や野菜も仕入れにいき、少しずつフレンチにシフトさせていった。ほどなくして予約の取れない店に成長させたが、独裁的な采配によるためか、後輩たちが反乱を起こして、シェフが辞めなければ全員で辞めると言い出した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  2. 2

    “タブー”だった事務所移籍 安室奈美恵はなぜ成功したのか

  3. 3

    大野智は謝罪…新生ジャニーズはタレントの恋愛問題にどう対応

  4. 4

    1ドル130円の円安地獄がまねく狂乱物価で庶民の懐は火の車

  5. 5

    「出欠の返事ない人は椅子と食事持参で」の招待状が大ウケ

  6. 6

    あざとい“方言パフォーマンス”に透けて見える自信のなさ

  7. 7

    東京五輪男子マラソン“第3の男” 大迫と設楽は今後どう動く

  8. 8

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  9. 9

    東京五輪マラソン“最後の1枠”を決めるMGCはこんなに不公平

  10. 10

    二宮は3億円豪邸で事実婚 ジャニーズ“結婚ラッシュ”突入か

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る