黒田真行
著者のコラム一覧
黒田真行元リクナビNEXT編集長

1965年生まれ。関西大学法学部卒。「リクナビNEXT」編集長、「リクルートドクターズキャリア」取締役などを歴任。2014年、ルーセントドアーズ設立。転職支援サービス「Career Release40」を運営。転職を前提としない中高年のキャリア相談プラットフォーム「Can Will」を開始。著書に「40歳からの『転職格差』 まだ間に合う人、もう手遅れな人」(PHPビジネス新書)など。

「私を買ってください」という人は転職すべきではない

公開日: 更新日:

 サラリーマンにとって会社の命令に従うことは当たり前。しかし、それをうのみにしていると、自分のポジションを見失うことになりかねない。

 Aさん(39)は超一流大学を出て大手企業に就職。これまでに営業や広告制作、制作管理など、いくつもの仕事を経験してきた。

 ところが、自分の希望で移った事業企画の仕事が思ったほど肌に合わず、上司とも合わないことから転職を考えるようになったのだという。

 いざ転職となって、仕事を探そうとしてみるも、「どういう仕事がしたいのか」がハッキリしない。職場の雰囲気がいいとか、知名度があり、企業規模は大きい方がいい、年収も高い方がいい、などと条件も漠然としていて絞り込みができない。

「実はAさんのように転職はしたいが、『何をやりたいかが曖昧』と悩む人は少なくありません。会社からの要望に応えてきたことで、自分自身の考えや目標を主張することなく、受動的な仕事を長く続けてきた。そんな方は、いざ自分自身が仕事を考える際に判断するモノサシがない。しかし、40歳が近くなった転職となると、ほかの人にはないスペシャリティーなり、“これをやりたい”という熱意なりがないと難しいのが現実です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  2. 2

    【スケートボード】史上最年少金・西矢椛と銅・中山楓奈 メダリスト2人の“家庭の事情”

  3. 3

    全米ホロリ…おひとりさま高齢女性客が残したチップとメモの想い

  4. 4

    「報ステ」大越健介キャスター抜擢で…テレ朝から聞こえてきた不協和音

  5. 5

    テレ朝「報ステ」大越健介氏キャスター抜擢で囁かれる“相方”女性キャスターの名前

  6. 6

    テレ朝・斎藤ちはるアナのコロナ感染で"TBSのドン・ファン"に再び脚光が…

  7. 7

    開会式トンズラの安倍前首相 日本人メダルラッシュにも沈黙のナゼ

  8. 8

    福原愛が念願の五輪解説で大張り切り “不倫妻イメージ”払拭に躍起も複雑な胸中

  9. 9

    「この家に入るニャ!」インドで猫が毒蛇コブラの侵入を防ぐ

  10. 10

    五輪開会式やはりブーイング噴出、パクリ批判まで…米国でも視聴率最低で閉会式は大丈夫?

もっと見る