照英
著者のコラム一覧
照英俳優・タレント

埼玉県出身の45歳。東海大学体育学部卒業後、恵まれた体を生かしモデルに。ドラマ、時代劇で活躍する一方、旅、釣り番組の出演多数。

この道はゴールがないようなもの 金魚道、まだ道半ばです

公開日: 更新日:

 新しい金魚たちが来たおかげで、獣に襲われた事件のショックからなんとか立ち直ることができました。稚魚をいただいたので、また稚魚飼育から出直している最中ですけどね。

 ただ、金魚に関してはいまも勉強不足を痛感する日々です。だって、専門家やプロの方々は、体長わずか1センチの稚魚を見て選別を始めるらしい。まず、ヒレが出ているか、曲がっていないか、太っているか細いか……。

 また、稚魚はまだ色が出ていません。3~4カ月で色が出てきます。その時点で早くも色が濃く出るか薄いか、斑点は黒が出るか赤が出るか。こうしたことを一瞬に見抜いて“いい金魚”だけを残して、いらない金魚を捨ててしまうそうです。凄いですよね~。

 本当は、自分の水槽で生んで育て上げる、つまり、繁殖して飼育して成長させることができればベスト。種類も和金、蘭鋳、出目金以外に、珍しいモノをもっといっぱい増やしたい。珍しさでは水泡眼、目が上を向いている頂天眼、鼻にお花が咲いたように突起物がある花房あたりを育てたい。どれも、見る価値はありますから。それが夢です。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤真彦の非常識発言で明確に…ジャニーズ事務所の課題

  2. 2

    近藤真彦「退所」は“戦力外通告” 芸能活動継続には暗雲が

  3. 3

    小泉孝太郎が“特捜部が捜査”企業CMをひっそり降板していた

  4. 4

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  5. 5

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  6. 6

    竹野内豊「イチケイのカラス」の成功に悲恋…続編期待の声

  7. 7

    青木会長も力不足 男子ツアーV賞金は1000万円でも高すぎる

  8. 8

    昔はリクルートで食べている物書きがたくさんいた

  9. 9

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  10. 10

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

もっと見る